入江泰吉旧居

入江泰吉旧居

大和路を愛した写真家の旧居

奈良の仏像、風景、伝統行事、万葉の花などの写真で知られる故・入江泰吉が、戦後から亡くなるまで過ごした旧居。
東大寺の旧境内であり、古い街並みが残る水門町にある。
茶室、アトリエ、書斎など、こじんまりとした外観からは想像できないほど沢山の部屋があり、離れの暗室や吉城川に続く庭園も見学できる。

名称 入江泰吉旧居
読み方 いりえたいきちきゅうきょ
住所 奈良県奈良市水門町49番地の2
電話番号 0742-27-1689
開催時期 9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は最も近い平日)
アクセス 県庁東交差点から北へ100mの信号を右折、突当り依水園入口を左折して150m、左側。
駐車場 あり(有料:登大路駐車場など)
(店舗ID:9392)最終情報更新日:2015年03月12日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△