元興寺の節分会

元興寺の節分会

鬼と言えば元興寺

諸説あるが、西日本各地に残る鬼の異名「がごぜ」「がんご」などの語源になったと言われる元興寺の節分会が、毎年2月3日に行われる。
「宝弓の儀」では、六方に向かって矢が放たれて結界が張られる。「宝剣の儀」の後、護摩壇に火が入り、参加者が護摩壇を崩した薪木の上を素足で歩く「火渡り」が行われる。
豆まきでは、「福は内、鬼は内」の掛け声とともに近隣のお寺の住職、年女、年男などが豆を撒く。

インフォメーション

午後1時頃~ 宝弓の儀、宝剣の儀、火渡り
午後3時頃~ 豆まき
名称 元興寺の節分会
読み方 がんごうじのせつぶんえ
住所 奈良県奈良市中院町11
電話番号 0742-23-1377
開催時期 毎年2月3日
アクセス 猿沢池東岸から南へ約500m(右側)
駐車場 あり(有料:猿沢池周辺のならまち駐車場など)
ホームページ http://www.gangoji.or.jp/
(店舗ID:9109)最終情報更新日:2015年02月04日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△