采女祭

采女祭

奈良の中秋の祭事

中秋の名月の夜(旧暦8月15日)に猿沢池や池畔の采女神社周辺で行われる神事。
奈良時代に天皇の寵愛をうけた采女(うねめ)が、天皇の関心が薄れたことを悲観し猿沢池に入水した霊を慰める。
前日の夕方から宵宮際があり、当日は午後5時にJR奈良駅を起点として三条通をミス奈良、ミスうねめ、御稚児さんなどの花扇奉納行列が練り歩く。
午後6時から、猿沢池畔の采女神社で花扇奉納神事が、執り行われ、午後7時から管弦船が池を時計回りに2周する。
その後、池の中心辺りに花扇を投げ入れて神事が終了する。
猿沢池の龍は、入水した采女の穢を嫌って、室生龍穴神社に移り住んだとの伝説もある。

インフォメーション

2015年9月26日(土)17:00~18:00 宵宮祭
2015年9月27日(日)17:00~20:00 本祭
      17:00~花扇奉納行列(JR奈良~三条通~采女神社)
      18:00~花扇奉納神事(采女神社)
      19:00~管弦船の儀(猿沢池畔)
名称 采女祭
読み方 うねめさい
住所 奈良県奈良市樽井町
アクセス 当日は、公共交通機関の利用をオススメします。(JR奈良駅、または近鉄奈良駅から徒歩)
駐車場 あり(周辺の有料駐車場)当日交通規制があります。
(店舗ID:7641)最終情報更新日:2014年09月10日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△