葛城一言主神社 乳イチョウ

葛城一言主神社 乳イチョウ

樹齢1200年の巨木が目を引く

葛城山の東南麓にある神社で、願い事を一言のみ叶えてくれるとの言い伝えから、「いちごんさん」とも呼ばれている。
境内にある樹齢1200年の銀杏の大木は、樹高約25m、幹回り約3.85mで、気根の突起の形状から乳イチョウとも呼ばれる。

インフォメーション

イチョウの黄葉は、11月下旬ごろ
名称 葛城一言主神社 乳イチョウ
読み方 かつらぎひとことぬしじんじゃ ちちいちょう
住所 奈良県御所市森脇432
アクセス 香芝インターからR168号を南へ1.3kmで左(旧道)へ分岐、2.8kmで良福寺交差点を大きく右折、950mで新在家北交差点を左折(R165大和高田バイパス)、そのまま山麓線(県道30号)を南下し約9.7kmで左に分岐して突当りを右折、県道30号の下を潜ると参道。
駐車場 あり(無料)
(店舗ID:7365)最終情報更新日:2014年08月22日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△