龍王ヶ淵(竜王ヶ淵、龍王ヶ渕)

龍王ヶ淵(竜王ヶ淵、龍王ヶ渕)

人知れずたたずむ神秘の空間

額井岳近く、標高530mの山中に湧水を貯めた神秘的な池。
風が無いと鏡のようになった水面に周囲の山を映す。
駐車場の近くに休憩所があるほか、奥には堀越神社があり、また遊歩道と橋があって池を一周できる。遊歩道の途中は場所によっては湿原のようになっていて流れる水も美しい。
釣りは禁止されている。(理由は書かれていないが、堀越神社の神域であるためと思われる。)

インフォメーション

2014年12月追記 遊歩道が整備され池を一周できるようになっています。

★県道から先の1.5kmは、大変狭いので十分注意して走行ください。
★道路上を鹿などの野生動物が頻繁に横断します。
★夏季は草が生い茂り、歩道に冠水部分もあります。マムシにもご注意ください。
★冬季は積雪や凍結などに注意してください。(冬タイヤ等が必要です。)
名称 龍王ヶ淵(竜王ヶ淵、龍王ヶ渕)
読み方 りゅうおうがぶち
住所 奈良県宇陀市室生向渕
アクセス 針インター交差点からR369号を南へ3.2km、外の橋(ローソン)交差点を左折して3.1kmの点滅信号で右折(ここから1車線)、1.3kmで案内板を右折すると250mで右側に駐車場
駐車場 あり(無料、8台)
(店舗ID:7305)最終情報更新日:2013年12月10日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△