十九夜講石仏

十九夜講石仏

如意輪観音半肉彫石像

安産を願う信心の講が19日の夜に催されたのでこの名がついたと言われる。
女性的で優しい如意輪観音半肉彫石像である。
かつてこの石像が安置されていた安穏寺は、現在仮安置所が残るのみになっている。

名称 十九夜講石仏
読み方 じゅうくやこうせきぶつ
住所 奈良県奈良市荻町
アクセス 針インター交差点から北にR369号を北上。3.4kmで萩方面へ右折、萩町で県道25号に合流し橋を渡って直ぐに右に曲がる道の突当り
駐車場 なし
(店舗ID:708)最終情報更新日:2013年11月20日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△