吐山スズラン群落

吐山スズラン群落

スズランの自然分布の南限地

スズランの自然分布の南限地として天然記念物に指定されている。
もともとは、この辺り一帯に広く自生していたと言われ、後醍醐天皇が吉野方面(南朝)に向かう途中、この地のスズランの香りに魅せられたことが、R369号「香酔峠(こうずいとうげ)」の地名の由来ともなっている。
現在は、都祁吐山町のR369号西側、「つかはら自遊農園」の鶏舎に近い森の中に柵で囲われて保存、整備されている。
見頃は5月下旬~6月初旬。

インフォメーション

2017年5月29日 満開です。見頃は週末くらいまでです。

R369の案内板から先の道は、ほとんど車が対向できる場所が無く方向転換も困難です。シーズン中は歩行者も増えるので徒歩で登るのがオススメです(案内板から群落まで約1km)。案内板より南側にも国道から徒歩で登れる道が何本かあります。
柵の中に入ったり、スズランを採取することは禁じられています。
(スズランには、花、茎、葉、根の全てに猛毒が含まれており、人やペットの死亡例もあります。)
名称 吐山スズラン群落
読み方 はやますずらんぐんらく
住所 奈良県奈良市都祁吐山町
アクセス 針インターからR369号を南下すると吐山の交差点を過ぎて800mで右手に案内板。
案内板から「つかはら自遊農園」の鶏舎の方向に登って行く(290mで道が二手に分かれているところは左の広い方の道へ)と鶏舎の手前で左手に墓地が見えてくるので、墓地の方向に向かいさらに右手の森の方に上ると群生地。
駐車場 なし(一本道の行き止まり)、吐山公民館駐車場(無料)は利用可
(店舗ID:673)最終情報更新日:2014年05月18日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△