岡寺(シャクナゲ)

岡寺(シャクナゲ)

3,000株のシャクナゲが咲く

正式名称の「龍蓋寺」は、村の人々を苦しめている龍を、義淵僧正が法力で池に封じ込め、石で蓋をしたという説話に由来する。
西国三十三所第7番札所で、日本最初の厄除け霊場。
4月中旬~5月初旬に3,000株のシャクナゲが咲き、石楠花まつりも行われる。
同じころ、牡丹、ツツジ、シャガなども見られる。

インフォメーション

2014年4月23日シャクナゲ見頃です。
名称 岡寺(シャクナゲ)
読み方 おかでら
住所 奈良県高市郡明日香村岡806
電話番号 0744-54-2007
開催時期 8:00~17:00 但し12/1~2/末日 8:00~16:30
アクセス 天理インターからR169号を南へ12.5km、そのまま県道15号に入り、3.5kmで左折、1.5kmで左側
駐車場 あり(有料/無料)
(店舗ID:4817)最終情報更新日:2014年04月23日

針テラス情報館からのご案内

日本最古の厄除け霊場としては岡寺同様に松尾寺が知られていますが、一説によれば「男は松尾寺、女は岡寺」と言われているとか。
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△