石光寺

石光寺

関西花の寺二十五霊場20番札所

ボタン、シャクヤクのお寺として知られ、明治時代からの品種を大切に育てている。他にもアジサイ、桜、サルスベリなど多くの花木が植えられているため、それほど大きなお寺ではないにもかかわらず、四季を通じて花を楽しめることで有名。
1991年に日本最古の白鳳時代の石仏が出土した。また、別名「染寺(そめでら)」とも呼ばれ、中将姫(747~775)ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」があることでも知られている。
道の駅ふたかみパーク 當麻からも近い。

インフォメーション

春ボタン:4月下旬
シャクヤク:5月上旬
名称 石光寺
読み方 せっこうじ
住所 奈良県葛城市染野387
電話番号 0745-48-2031
アクセス 香芝インターからR168号を南へ1.3kmで左(旧道)へ分岐、2.8kmで良福寺交差点を大きく右折、950mで新在家北交差点を左折(R165大和高田バイパス)、400mで染野北交差点を右折、狭い道の突当りが駐車場
駐車場 あり(無料)
ホームページ http://sekkouji.or.jp/
(店舗ID:4012)最終情報更新日:2014年03月28日

針テラス情報館からのご案内

葛城市のマスコットキャラクター(ゆるキャラ)蓮花ちゃんは、「中将姫」がもとになっています。
また、某有名入浴剤メーカーの誰でも見たことがある「中将湯」のロゴも「中将姫」がモチーフだそうです。
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△