屯鶴峯

屯鶴峯

奇妙な名前と景観の天然記念物

奇妙な名前の由来は、鶴が群れを成しているように見えることなどから、と伝えられる奈良県の天然記念物。
緑の森を抜けると突然、太古、二上山が噴火した際の火砕流が、堆積したものだという白い凝灰岩の景色に目を奪われる。
雄大な大自然というほどではなく、向こう側に住宅地や送電線の鉄塔が見えたりするちょっと中途半端なスケール感も珍百景的な魅力である。

インフォメーション

駐車場から100mほど太子町側へ進んだところの北側に登り階段があります。公園として整備は進んでいますが、砕けた凝灰岩は滑りやすく、地形的にも思ったより険しいので散策する際には十分注意してください。
また北側(R165号方面)への縦走はできません。
名称 屯鶴峯
読み方 どんずるぼう
住所 奈良県香芝市穴虫
アクセス 香芝インターからR168号を南へ900m旭ヶ丘団地東入口を右折、240mで左折、1.1kmで左折して橋を渡り、110mで逢坂8丁目で右折して、県道105号を2kmで穴虫西交差点を大きく左折、すぐに「太子、香芝市街」の標識に従い左にそれるように大和高田バイパスの下を右にUターンして太子方面へ向かう。Uターンしてから1km弱で左側にトイレと駐車場。
駐車場 あり(無料)
(店舗ID:3959)最終情報更新日:2014年03月27日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△