お水取り(東大寺修二会)

お水取り(東大寺修二会)

奈良に春を呼ぶ行事

東大寺の二月堂で天平勝宝4年(752)以来、一度も途絶えることなく続けられたという奈良の代表的な行事。この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火が灯される。
お松明は、3月1日より2週間にわたって行われるが、もとの旧暦2月にちなみ、修二会(しゅにえ)と呼ばれ、また二月堂の名もこれに由来する。
クライマックスは3月12日深夜(13日の午前1時半頃)に若狭井(わかさい)という井戸から「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われる。

インフォメーション

3月12日にだけに松明が見られると勘違いされる方が多く、その日は大混雑となりますが、3月1日から2週間の期間中毎日、松明を見ることができます。(天候等に関係なく実施)

 3月1~11日と13日:19:00から松明10本  …土日は混雑します
 3月12日:19:30から松明11本(籠松明) …大混雑が予想されます
 3月14日:18:30から松明10本がいっせいに並ぶ  …混雑が予想されます
名称 お水取り(東大寺修二会)
読み方 おみずとり(とうだいじしゅにえ)
住所 奈良県奈良市雑司町406-1
アクセス 混雑が予想されるため公共交通機関が便利
駐車場 あり(一般の有料駐車場)
(店舗ID:1763)最終情報更新日:2014年02月27日

針テラス情報館からのご案内

拍手をしたり奇声を発したりしないように注意しましょう。
また、境内での三脚、一脚、脚立、フラッシュ等を使用したカメラ・ビデオ撮影は禁止されています。
裏参道(大仏殿裏側を通って焼門へ抜ける道)を西に300mほど離れた撮影用の場所(普段は関係者用駐車場)では三脚が使用できます。
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△