龍穴(室生龍穴神社)

龍穴(室生龍穴神社)

竜神が棲むと伝わる

室生龍穴神社は水の神、竜神を祀る古社で、歴史は室生寺よりも古い。
道路沿いの本殿から、さらに山の中に入った渓流に、竜神が棲むと伝えられた「龍穴」がある。
周辺は全て室生龍穴神社の境内で、神域でもあるので、汚したりゴミを捨てることが無いように注意したい。
右手に滝があり行き止まりには祠がある。靴を脱いでそこから龍穴を拝むことができる。

(車で登山道に入る場合は、対向車や歩行者に注意)

名称 龍穴(室生龍穴神社)
読み方 りゅうけつ(むろうりゅうけつじんじゃ)
住所 奈良県宇陀市室生
アクセス 針インターからR369号を南へ3.2km、外の橋交差点(ローソン) を左折して 県道28号線 へ入り5.5km、緑川交差点 を左折して 国道165号線 に入り900m、室生寺入口交差点 を右折して 県道28号線 に入り7kmで室生龍穴神社、そこからさらに500m先に左に分かれる道があり、1~1.5車線の登山道を900mほど入った先の左手に渓谷への降り口。
駐車場 なし
(店舗ID:11689)最終情報更新日:2015年10月21日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△