荻坐神社

荻坐神社

上荻字の八柱神社を下荻の聖神社に合祀

明治42年、もとは上荻字にあった八柱神社を廃し、下荻にあった聖神社に合祀されたもので、そのときに社号を荻坐神社と改称したもの。
旧道に面して鳥居と駐車場があり、石段を登ると拝殿が見えてくる。

インフォメーション

荻坐神社の読みについて、奈良県神社庁のページに「おぎくら」と記載されていますが、地元の荻(おおぎ)町では「おぎます」と呼ばれているそうです。
名称 荻坐神社
読み方 おぎくらじんじゃ・おぎますじんじゃ
住所 奈良県奈良市荻町
アクセス 針インター交差点から北にR369号を北上。3.4kmで萩方面へ右折、萩町で県道25号に合流してから1.5km、左手の旧道沿いに鳥居が見える。
駐車場 あり(無料)
(店舗ID:1086)最終情報更新日:2013年11月17日
奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△