2016年9月 のブログ記事

今朝はダイナミックな雲海(9/30)

2016年09月30日

ぐずついたお天気が続いていますが、今朝はピンポイント的な晴れ間が出る予報でしたね。
先日のような台風による気温上昇も無く、この時期らしい冷え込みも期待できます。
教科書通りの雲海日和だったのですが、直前の天気予報では、晴れ間が出るのが午前3時頃からと思っていたよりも遅めの時間、さらに風も少しありそうです。

resize9224

案の定、夜のうちの霧は少な目で、しかも風で東から西(写真では左から右)に流されています。ただ、流されて消えることは無く、室生ダムやその奥の谷間から順次補給されている感じです。

resize9227

普通は朝日が出てから対流が起こるのですが、今朝は太陽が出る前から霧の表面が波打ってダイナミックな雲海になっています。

resize9238

霧は、榛原の住宅地や市街地に留まることは無く、どんどん流れて行ったあと、菟田野方面の霧と一体化して大雲海になりました。市街地と雲海の境目には巨大な霧の壁ができています。一見、滝のようにも見えますが、下から上に吹き上げられている感じになっています。

resize9237

名張(R165号・黒田)のヒガンバナ

2016年09月28日

今朝のR165号線沿い名張市黒田のヒガンバナです。
9月22日に日陰部分が満開、日なた部分が2~3分咲きとお伝えしましたが…

resize1689

今朝見て来たら、日陰部分は既に枯れていて、日なた部分も大部分は白化が始まっていました。

resize1690

写真では、赤さが残っている部分を中央に持ってきてごまかしていますが、はっきり言って既に見頃は終わっています。
ヒガンバナの見頃はせいぜい一週間と桜なみに短いですね。^^;

resize1691

今年は天候に恵まれませんでしたが、また来年に期待しましょう。

今朝の雲海(9/27)

2016年09月27日

秋雨前線の停滞でぐずついたお天気が続きますが、今朝は久しぶりの晴れ間が出そう…ということで鳥見山に行ってきました。
雲海が発生する条件として、朝の冷え込みが必要ですが、台風が暖かい空気を運んできているので、前日の最高気温との差が5度程度しかありません。今朝を逃すとまた1週間ほど悪天候が続きそうなので、あまり期待はできませんがダメもとで出かけました。

resize9212

朝方の空は既に冬の星座になっています。南の空にはオリオン座が輝き、オリオン大星雲も見えました。(200mmで撮影、トリミング)

resize9215

予想通りですが、榛原の街には全く霧が出ず、室生湖の辺りだけがかろうじて雲海のようになっていました。
それでも100~200mmの望遠レンズで切り取れば、結構迫力ある絵が撮れます。
朝日が当たるまでは地上が暗く、空が明るすぎるのでグラデーションフィルター(ハーフND)などを持参すると良いでしょう。上の写真は、黒く塗った厚紙でレンズの上半分を覆う(所謂「紙ワザ」)を使っています。

resize9216

太陽が顔を出すまでの間、雲が真っ赤に焼けました。地上の雲海には日が当たっていないので対照的な色になっています。

resize9221

こちらは、一旦顔を出した朝日が上空の厚い雲に隠れたところです。上空に雲が無いと太陽が出た後直ぐに白っぽい画面になりがちですが、こんな風に上空からの光が遮られると長い時間地上の雲海が黄金色に輝くので、とってもお得感がありました。(^^)

室生口大野のヒガンバナが見頃

2016年09月22日

室生口大野にある妙圓寺の斜面に咲いているヒガンバナが見頃です。
斜面なので離れて撮ると距離が遠く、近づくと全体が見えなくなる難しい場所ですが…

resize1679

今が満開直前、そろそろ見頃になっています。
場所は、針テラスから室生口大野方向に下りて行きR165号線に合流する350m手前で左折したところです。

resize1678

室生 天地人の祭(9/22)の内容変更

2016年09月22日

本日開催の「室生 天地人の祭」は、悪天候のため会場を「室生山上公園芸術の森」から「あさぎりホール」に変更して、プログラム内容も変更して実施しています。

resize1677

また、9月22日のライトアップは中止します。
23日、24日については、ライトアップを実施(悪天候時は中止)します。

resize1676

 

R165号線沿いのヒガンバナ

2016年09月22日

室生から名張方面に向かうR165号線沿いで道路から見えて気になるヒガンバナ…
結構な群生のようなので開花状況を確認してきました。

resize1674

斜面の部分に咲いているのですが、日陰部分は既に満開近くになっています。
ヒガンバナは、日陰から日向へと順に咲きますが、日の当たる部分はまだ2~3分咲きといったところで、現在はまだら模様になっていました。
写真には入り切りませんが、この斜面はずっと続いていて周辺にもヒガンバナは結構咲いています。

resize1673

場所は、室生から行くと赤目口交差点の次の信号を左折してすぐ左側です。
今週末から見頃になるでしょう。

秋の収穫祭・上深川農園(9/24)

2016年09月22日

高原の里 上深川農園 秋の収穫祭のご案内
芋・米・大根
●旬の食材を自分で収穫!
●掘れたて芋をその場で焼き芋
●おにぎり・おでん・餅つき他
●野菜直売コーナーもあり!

開催日時:2016年9月24日(土)
     11:00~15:00
開催場所:奈良市上深川町 上深川農園
     名阪国道の小倉ICから県道127を北上直ぐの吉本エッグファーム
     直売所のある三叉路を右に分かれ(広域農道)て左側
入園料 :500円(小学生以下200円)
     芋掘り3株別 500円

参加申込連絡先:090-3654-2635今谷
        090-8377-3093西久保

悪天候の場合は中止とさせて頂きます。

 

奈良観光.jp写真展(10/15~11/13)

2016年09月21日

奈良観光.jpの開設を記念して奈良の隠された絶景をご紹介する写真展を格子の家で開催します。

開催日時:2016年10月15日(土)~11月13日(日)
開催場所:奈良市ならまち格子の家(田中町バス停から北へ徒歩約3分)

shashinten201610

期間中は、奈良町界隈でわらべうたフェスタ(10月16日)や正倉院展(10月22日~10月7日)、奉祝万燈籠/奉祝なら燈花会(11月11日~13日)などのイベントも盛りだくさんです。
是非お越しください。

葛城古道、九品寺のヒガンバナが見頃

2016年09月21日

台風や秋雨前線の影響でぐずついたお天気が続きますが、葛城古道、九品寺のヒガンバナが見頃になっています。葛城山麓は、夕日が入りにくいので朝日で撮ると綺麗なのですが、晴れ間が無いので暗いうちにセルフライティングで撮りました。

kuhonji01

以前は、この2倍ほどの面積がありました。九品寺北側の群生は、2011年に壊滅してから少しずつ回復してはいるのですが、今年は去年とあまり変わりませんでした。

kuhonji02

昔は、超広角レンズでも入りきらないほどの面積がありました。一応広角レンズで撮ってみましたが、横幅はあるものの前後距離が短く、手前は花がまばらで見苦しいため画面下部をカットするしかありません。

kuhonji03

2枚目の写真でカットした部分、空き地の真ん中あたりが結構踏み荒らされています。柵もロープも無いので仕方ない事ですが、昔のように株が増えないのは地面が踏み固められるせいもあるのでしょうね。
特に暗いうちに来られる場合は、足元の花を傷つけないようにご配慮をお願いいたします。

采女祭に行ってきました。

2016年09月16日

昨夜は中秋の名月、采女神社と猿沢池では恒例の采女祭が執り行われました。
先ず、JR奈良駅前広場から午後5時にスタートした花扇奉納行列が三条通りを経て采女神社に向かいます。

uneme01

花扇を中心に御所車に乗った十二単姿の花扇使、ミス奈良、お稚児さん達、そして同じ采女伝説のある姉妹都市 福島県郡山市からミスうねめなど天平衣装をまとった行列は豪華絢爛ですね。

午後6時には、采女神社の前で花扇奉納神事が執り行われます。次に午後7時からお待ちかね管弦船の儀が始まるのですが、去年からその前に「うた語り」が披露されるようになりました。

resize9124

去年は、采女神社の前に停泊した状態で披露された「うた語り」ですが、今年は、船ごと猿沢池を一周しながらの披露に変更されました。この方が、猿沢池のどの場所からも見ることができるので良いですね。

resize9129

今年の撮影は、五重塔をバックに撮れる定番位置からです。意外と船は近くを通るので超広角レンズ(15mm)を使いました。
南円堂と五重塔の両方が入りましたが、人物が小さくなるので面白味は少ないかも…^^;
あと、ここからだと月は背後になるので撮ることができません。

1 2
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△