2016年2月 のブログ記事

大和な雛まつり(その3)

2016年02月27日

大和な雛まつり(その2)の続きです。

次は、ちょっと距離が離れて、北東の端になるのですが、絶対外せない「葉本家」のお雛様です。
やはり、御殿飾りの古いお雛様なのですが…

hamoto01

なんと言うことでしょう。(笑)
この人形の表情や仕草、まるでドラマを再現したジオラマの様で、とても古い時代のお雛様とは思えません。
今のお雛様は、関東式の段飾りが主流ですが、関西で人気があったと言う御殿造りでは、結構こんな感じのお雛様も珍しくなかったのかも知れません。

hamoto02

↑ 隣の部屋には新しいお雛様が飾られていますが、こちらは雰囲気のある一部すりガラスの引き戸を額縁にして…
その奥の土間の展示物もまるで時代劇の大道具を思わせます。

hamoto03

↑ 今でも動かすことのできる滑車を使った扉、天井から降りてくるだけでなく、左右に開く出入り口やカラクリのようなロックまで付いています。
表から見える両替商の印は、銀行の地図記号のルーツ!ですね。

なお、この他に3月1日~3日限定で鈴木家にて享保雛の展示があります。また、やなぎまち商店街と近鉄郡山商店街の交差点にある米澤酒店では、去年の夏に発見された江戸末期のお雛様などが展示されています。
場所の詳細は駅や主な見学施設などで配布されている「てくてくMAP」を参照ください。

大和な雛まつり(その2)

2016年02月27日

大和な雛まつり(その1)の続きです。

このイベントは、大和郡山市街地の134個所の店舗や民家で行われているので、1日で全部を見て回ることはほとんど不可能でしょう。
ただ、見どころのポイントを押さえれば、短い時間でも十分満足できます。
メイン会場の旧川本邸の直ぐ南側ということで、源九郎稲荷神社も見てきました。

sonota01

境内に枝垂れ梅が咲いていたので、前ボケにしてお雛様をパチリ!
本物の梅の花と一緒に撮れるとは、なんて贅沢なんでしょう。(^^)

sonota02

↑ こちらは、江戸時代から続いた藍染め商の町家を再生した紺屋町の箱本館「紺屋」さんです。
なんと「大和な雛めぐり」開催期間中は入館無料だそうで、もちろんお雛様の展示もあります。

sonota03

↑ やなぎまち商店街を南下すれば、定番(笑)の金魚電話ボックスも!
ピザで有名なイタリアンレストランも参加店、ということで休憩を兼ねてお昼を頂きました。
ただし、結構な人で駐車場も店内もいっぱいなので、予約をオススメします。

→ 大和な雛まつり(その3)に続く

大和な雛まつり(その1)

2016年02月27日

大和郡山市で3月6日まで開催中の「大和な雛まつり」に行ってきました。
奈良県内で規模の大きい雛めぐりイベントとしては、ここ大和郡山のほか高市郡高取町の「町家の雛めぐり」(3月1日~31日)があります。

先ずは、「大和な雛まつり」のメイン会場にもなっている旧川本邸です。
ここは、もと遊郭だったと言う、今では珍しい木造の三階建てです。現在の耐震基準を満たしていないという事で、玄関で承諾書に記名する必要があります。

kawamoto00

玄関では、御殿飾り※の豪華なお雛様とつるし飾りがお出迎え、ここから順路に従って一階、二階を巡ります。

※もともと江戸(関東)で「段飾り」のお雛様が主流であったのに対して、上方(関西)では、「御殿飾り」の方が人気が高かったようです。昭和30年代ごろから大量販売される関東式の段飾りが関西でも増えてきて、御殿飾りは古いお雛様でしか見ることができなくなってきました。

kawamoto01

奈良県各地の旧家から集められた古いお雛様が各部屋に展示されています。
つるし飾りのお雛様も素敵ですね。^^/

kawamoto02

珍しい建物の内部を見られるのも嬉しいところです。二階には、金魚のつるし飾り、プロジェクターを使った動くお雛様などモダンな飾り付けがあります。

kawamoto03

圧巻は、三階へと続く大階段に飾り付けられたお雛様です。
もちろん1セットではなく、複数のお雛様を組み合わせてありますが、普通の民家では並べることができない数なので口では言い表せない迫力です。

kawamoto04

このほかにも二階の部屋ごとに様々な飾り付けが施されていて、反対側の階段から一階に下りるとそこには、流しびながありました。実際に水に流しているわけでは無く、イカダに載せたお雛様を川に流しているイメージのディズプレイです。

→ 大和な雛まつり(その2)に続く

龍王ヶ淵の波紋^^

2016年02月25日

今朝の大和高原は快晴です。
夜明けが早くなってきました。
気温はマイナス5度ですが、龍王ヶ淵は、このところの暖かさで全く氷はありません。
少し冬型の気圧配置なので風が入りこみ、水面もなかなか綺麗な水鏡にはなってくれません。

resize1362

ならば…と気分を入れ替えて、今度は水面の波紋を撮ってみました。
風の強弱、ピントを水面に合わせるか映り込みに合わせるか、PLフィルターを使うか使わないかなど、組み合わせで無数の表情が楽しめます。

hamon

次にホワイトバランスも自由に変えてみました。↓

resize1361

時々魚が、作る波紋も(^^)/

resize1360

奈良県産のイチゴがいっぱい!

2016年02月25日

今朝の針テラスは快晴!
朝の気温は、マイナス5度でしたが、乾燥しているので道路凍結の心配はほとんどありません。昼間は気温が上昇してくるでしょう。

高原屋には、奈良県産のイチゴがいっぱい入荷しています。
寒い時期は、甘さが増します。
定番のアスカルビーのほか、さらに甘さが際立つ古都華(ことか)もありますよ!

resize1363

鹿寄せに行ってきました。

2016年02月24日

2月11日から3月13日まで、月曜日を除く朝10時から行われている鹿寄せに行ってきました。
場所は、春日大社参道の飛火野に入って直ぐの辺りです。三条通りから一の鳥居をくぐって春日大社方面に向かい、次の車道(信号の無い横断歩道)を渡って直ぐに右側の飛火野に入って下さい。

shikayose01

今朝はTVカメラも入っていたので、夕方のニュースで流されるのかも知れません。
10時になるとナチュラルホルンの音色に誘われて100頭近い鹿が一斉に集まってきます。

ご褒美は、ドングリです。食べ物の少ない時期なので鹿にとっては大変なごちそうなのでしょう。
子どもたちも鹿まみれになっていました。^^/

shikayose02

Shikayose(deer calling) held in every morning (10:00~10:15) between February 11 and March 13, 2016 except Monday.
Shikayose is an event in which hundreds of wild deer are gathered at Tobihino of Nara Park by playing a natural horn.

第5回 奈良食祭(3/19~20)のご案内

2016年02月22日

奈良のうまいものが約70店舗勢揃い!

日時:3月19日(土)、20日(日)10:00~16:00
場所:奈良県立橿原公苑
近鉄「畝傍御陵前」西へ400m、近鉄「橿原神宮前」北へ800m、またはJR「畝傍」南へ1500m

本件のお問い合わせ先:NPO法人なら元気もんプロジェクト
奈良市西ノ京町18-3 TEL0742-30-6070
http://www.naragenkimon.com

 

月ヶ瀬梅渓の開花状況(2/22)

2016年02月22日

暖冬の影響で開花が早めと言われているので月ヶ瀬梅渓の開花状況を確認してきました。
湖畔の梅は、木にもよりますが、四分咲きから六分咲き、山頂部は、紅梅を中心に三分咲きくらいです。

resize1346

去年の状況と比較すると約2週間早めに推移していると思われますので、今週末あたりから見頃になるでしょう。

resize1345

なお、2月19日(金)から3月24日(木)午後5時までの終日、名阪国道『五月橋IC』出口(名古屋向き)がインターチェンジ改良工事のため閉鎖されていますので、『治田IC』から下りてください。
名古屋向きの出口のみの閉鎖)
京阪神方面からは、小倉インターで下りて、広域農道経由で月ヶ瀬に入る方が早いかもしれません。

片岡梅林が見頃です。(2/18)

2016年02月18日

奈良公園内の小さな梅林、片岡梅林が、例年よりも早くそろそろ見頃です。
紅梅がほぼ満開、白梅も五分咲から八分咲きになっています。
今週初めは気温が上がらなかったので、開花が進みませんでしたが、後半は一気に開きそうな雰囲気です。

kataoka01

オススメは、日の良く当たる午前中です。
今朝は、甘い香りに誘われたのか、メジロの家族(5~6羽)が突然やってきて、10分ほど蜜を吸った後、どこかへと去って行きました。

kataoka02

ポーズをとってくれているように見えますが、実際は、蝶々なみに素早く飛び回るので、写真に撮るのはかなり難しいです。^^;

梅と言うとウグイスと勘違いする人もいますが、ウグイスは声だけ聞こえても梅の蜜を吸いに来ることは無さそうですね。

今朝の都祁吐山は-8度、凍結に注意ください。

2016年02月18日

吐山交差点の温度計は、朝7時で-8度でした。

昨日雪が降ったこともあり、橋の上、日影などは凍結しています。
一般道の走行には十分注意してください。

category:
1 2 3 4
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△