2015年1月 のブログ記事

高取土佐町並み 町家の雛めぐり(3/1~31)のご案内

2015年01月30日

開催日時:2015年3月1日~3月31日
     10:00~16:00(各展示家庭によって異なります)
開催場所:奈良県高取町土佐街道周辺(約100箇所)
              夢創舘・雛の里親館・ギャラリー輝・地域の居間・壺阪寺

本サイト内の高取町案内ページ

町家の雛めぐり公式ページ

入江泰吉旧居の一般公開(3/1~)

2015年01月29日

日本を代表する写真家であり、大和路の写真で知られる故入江泰吉氏の旧居が2015年3月1日から一般公開されます。
奈良市高畑町には、入江泰吉記念写真美術館もありますが、こちらの旧居では、これまで見ることのできなかった暗室や書斎のほか、裏の吉城川につながる庭にも降りられるのだそうです。
場所は、東大寺の西側にある依水園の入口から北へ150mです。

resize4403

なお、前日の2月28日に、東大寺金鐘ホールにて開館記念式典が開催され、真野響子さんのトークイベント等も予定されています。

resize4399

般若寺のスイセンが見頃です。

2015年01月28日

コスモスで有名な奈良市(きたまちエリア)の般若寺ですが、この時期はスイセンが見頃です。
→ 本サイト内の般若寺の案内ページはこちらです。

resize4389

本日は、粉雪も舞い散る寒いお天気でしたが、水仙の方は丁度見頃じゃないかと思いました。

hannnya01

hannnya02

アクセス:JR・近鉄奈良駅から青山住宅行き約10分、般若寺バス停下車
般若寺の公式ページはこちらです。
般若寺の連絡先:0742-22-6287

香芝で出会う昭和ロマン

2015年01月28日

昭和ロマンに浸れると話題のスポット、香芝市のMinca465に行ってきました。

minca01

地元の方々が、民家を改装したお店で、古道具・雑貨の販売、カフェなどを営むお店の集合体です。

minca02

中に入ると昭和ロマンがあふれる古道具などが所狭しと並べられています。
一見お店の飾り物のように見えても実は売り物だったりしてビックリ^^;

minca03

とにかく見ているだけでニンマリしてしまうような懐かしいものがいっぱい並んでいます。

minca04

もちろん古いものだけでなく、ハンドクラフトの小物などもあり、例えば上のミニチュアハウスは特注も受けてくれるそうですよ。
場所は、「香芝市畑465」香芝インターからR168号を南へ2.5kmでR165号へ右折して1.4km(二上山駅前交差点から西に200m)のところ、丁度道路が近鉄南大阪線と接する踏切の向い側(道路の北側)です。
入口が、道路脇の駐車場よりも少し低くなっているのでわかりにくいかも知れません。

若草山焼きに行ってきました。

2015年01月25日

昨夜は、奈良公園・若草山の山焼きがありました。
今回は、平城宮跡の朱雀門で撮影…
午後4時過ぎに到着すると既に数百人のカメラマンが三脚を並べていました。
平城宮跡は広大なので山焼きを撮るだけなら撮影場所には困らないのですが、それぞれこだわりの場所があるのでしょうね^^

場所によって朱雀門との位置関係や大きさの関係が変わります。
今回は、かなり西側の道路に近いところから撮ったので、朱雀門に対して若草山や花火が大きく写っています。
↓ こちらは、あえて和の感じではなくSFっぽく仕上げてみました。

resize4355

↓ 意外と高く上がる花火!

resize4354

↓ 1発しか上がらなかった彩色千輪菊です。

resize4351

ところで、よくポスターなどで見るような山全体が真っ赤に燃えているような写真や山焼きと花火が同時に写っているような写真は、一回のシャッターで撮ることはできません。
昔は、シャッターを開けっ放しにして、レンズの前を暗幕で覆ったり開けたりしながら多重露光していたのですが、デジカメの場合は、何枚も撮って後からパソコンで重ね合わせて合成するのが主流です。山焼きについては、例えば30秒ごとに何枚か撮影した写真を合成することで山全体が真っ赤に燃えているような写真ができあがります。

しあわせ回廊 なら瑠璃絵は、2/8~14です!

2015年01月22日

2015年の「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」は、2月8日から14日までです
2/8(日)には、奈良県新公会堂で鍋をテーマにした「あったかもんグランプリ」が実施され、ゆるキャラも大集合!
2/9以降もバレンタインマーケットでオリジナル商品の販売や飲食店ブースも出ます。
お楽しみの冬花火は最終日≪2/14バレンタインデー≫の19:30の予定です!

本サイト内の紹介ページ

resize0361

・春日大社、興福寺、東大寺の夜間特別拝観(2/8~14)
・奈良国立博物館夜間特別開館(2/8~14)9:30~20:30
・三社寺特別講演会(2/9、2/12、2/13)
・三社寺鼎談(事前申込・有料)(2/11)16:00~新公会堂
・奈良国立博物館特別講演会(2/10)
・光の夜神楽(2/8~14)19:00~春日大社 着到殿
・光のオブジェ(2/8~14)18:00~21:00
 新公会堂、浮雲園地、興福寺北参道、興福寺南大門跡
・アートプロジェクション(2/8~14)18:00~21:00
 東大寺鏡池、興福寺境内、奈良国立博物館前
・夜参りライブ(2/9~11)19:00~、20:00~
 浮雲園地
・夜参り提灯(2/8~14)出発:新公会堂で20時まで受付
・奈良公園バースデー花火・ライブ(2/14)19:00~19:30
 ライブ会場は春日野園地、花火は19:30
・オープニングセレモニー(2/8 17:30~)新公会堂能楽ホール前
・第2回あったかもんグランプリ(2/8)16:00~21:00新公会堂
・バレンタインマーケット(2/9~14)17:30~20:30新公会堂
・なら瑠璃絵オフィシャルブース(2/8~14)17:30~20:30
 「しあわせココア」(500円)の提供
・十津川温泉足湯(2/11~12)17:30~20:30新公会堂
・ぐるっとバス運行 JR奈良駅西口、近鉄奈良駅から17:15~20:30

史料保存館・月ヶ瀬梅渓展(1/14~3/1)

2015年01月21日

史料保存館冬季企画展
~月ヶ瀬梅渓展~

開催日時:2015年1月14日(水)~3月1日(日)
     毎週月曜日、2月12日休館
     9:30~17:00(入館は16:30まで)
展示解説:2月11日(水・祝)14時~(申込不要)
開催場所:史料保存館 奈良市脇戸町1-1
     近鉄奈良駅から商店街沿いに南へ徒歩約15分
     JR奈良駅から南東へ徒歩約20分
     市内循環バス北京終町下車北へ徒歩約8分
入館無料

本件のお問い合わせは、0742-27-0169史料保存館までお願いします。

resize0362

茅原の大とんど(その2)

2015年01月20日

茅原の大とんど(その1)の続きです。

resize4268

↑ 燃え盛る雄松明。
あまり近くにいると火の粉を被って上着に穴が開くこともあるので注意!
境内の気温が一気に上昇するくらいの物凄い勢いです。

resize4273

↑ こちらは、雌松明。炎の形が鳥に見えません?^^;

resize4286

↑ 骨組が崩れて風が入ると、さらに炎が激しく燃え上がります。

resize4295

最後に雄松明と雌松明の間を潜り抜ける「御渡り」をすることもできます^^/

茅原の大とんど(その1)

2015年01月20日

去る1月14日に御所市の吉祥草寺で執り行われた1300年の伝統行事「左義長(茅原の大とんど)」の様子です。

→本サイト内の茅原の大とんどの紹介ページはこちら

点火は、午後8時ですが、1時間ほど前から少しづつ人が増えてきて、8時前には、境内はご覧のようになります。↓

resize4296

境内には、高さ6m、直径3m、重さは700kgと言われる雌雄一対の松明が備え付けられています。
雌雄一対あるのは、もともと陰陽道に由来する行事だからとか。
雄松明は玉手地区、雌松明は茅原地区の方々によって作られるのだそうです。
ちなみに、もっと早く到着すると雄松明の設置の様子も見られます。

resize4276

山伏の装束をまとった修験道の行者さんが奈良南部の伝統を感じさせます。
点火の前には、護摩奉納や踊りの奉納なども行われます。

resize4278

いよいよ、点火です。点火は雄松明、続いて雌松明の順に行われます。

resize4267

→茅原の大とんど(その2)に続きます。

桂きん枝・月亭八方 二人会(3/7)

2015年01月20日

大淀町文化会館「あらかしホール」公演のご案内です。

開催日時:2015年3月7日(土)
     14:00開演(開場13:30)
開催場所:大淀町文化会館「あらかしホール」
入場料金:大人・子供とも2000円(当日500円増)
     未就学児は入場できません。

前売り券:大淀町文化会館、オオクワ大淀西店ほかで1/14販売開始

お問い合わせ先:あらかしホール0747-54-2110
大淀町の公式サイトはこちら

resize0365

 

 

1 2 3
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△