スタッフブログ

東大寺二月堂の修二会に行ってきました!

2017年03月10日

3月1日から始まった東大寺二月堂修二会のお松明ですが、いよいよあと4夜を残すのみとなりました。
一昨日までのお松明の様子をまとめてみました。



お松明は、二月堂の北側の登廊(屋根の付いた階段)を練行衆を先導する形で登ってきます。練行衆が入堂したあと、お松明を担いだ童子さんだけが、回廊の北の角までゆっくりと進みます。


↑ 回廊の角でお松明をグルグル回す所作は人気がありますね。

火の粉や灰が回廊の下に落ちるので、回廊下の最前列で見ているとジャケットなどに穴が開いてしまうことがあります。灰を被ると無病息災とも言いますが、火の粉を避けたい場合は、少し下の段が良いそうです。


↑ こちらは長秒時露光で撮ったものなので、実際の見え方とは異なります。

この後、お松明を担ぎなおした童子さんは、北の角から南の角まで全速で走り抜けます。


↑ 南の角まで走る様子を長秒時露光で撮ると龍のように写りますね。^^


↑ 南の角でもグルグル…

南側は炎の勢いが弱くなっているので火の粉の円もちょっと小さ目のことが多いようですが、白飛び(明るすぎて真っ白に写ってしまう)し難いので、撮影は楽かも知れません。
境内での三脚、一脚、脚立などの使用は禁止です。それらに類似するカメラを固定する器具なども警備の方から注意されます。三脚を使用する時は、二月堂裏参道沿いにある第二拝観席(関係者駐車場)に移動してください。(望遠レンズが必要です。)
フラッシュ・ストロボやオートフォーカス補助光、ビームなどの光を出す機能も厳禁です。スマホ、デジカメなど、暗い場所では勝手に光を出してしまう機器もあるので、設定を確認するか、遮光テープを貼るなどして、光が出ないようにして下さい。

荷物やシートだけを放置して、場所取りをすることは禁止です。時々、警備の方が巡回していて、その時に人がいなければ、荷物は回収されますので、ご注意ください。

昔、お松明は、北側と南側の階段から登ったこともあったそうで、その名残として、10本のうち、5本は回廊を通って北から南に移動するようになったそうです。(現在は、10本とも回廊を北から南に移動して、南側で火を消します。)

なお、12日は、通常の日の松明よりも大きな籠松明が11本(通常は10本)上がります。日曜日でもあり、大混雑が予想されます。また、その後、深夜(13日の午前1時半以降)になりますが「お水取り」の儀式があります。
14日の最終日(この日は、午後6時半から)は、10本の松明が一斉に回廊に並ぶので、こちらも大変人気があります。少しでも混雑を避けたいのなら、本日(3/10)か、月曜日(3/13)辺りが良いかも知れません。

針テラス付近、吹雪いています(3/7)

2017年03月07日

今日は一転して冬型の気圧配置です。
11時半ごろから雪が激しく降って、気温も急速に下がってきました。

大変見通しが悪い状態ですので、車の運転にはご注意ください!

category:

昨日から一転、今朝は雪です。(2/21)

2017年02月21日

気温が急上昇した昨日から一転して、今朝の針テラスは、7時ごろから強い北西風とともに激しく雪が降っています。

天気予報では、昼前には回復して青空も見えそうですが、午前中に移動される方は、視界が悪いので注意してください。

category:

激しく雪が降っています。(2/11)

2017年02月11日

午後3時、針テラスでは、時折り猛烈な吹雪になっています。

幹線道路も所により雪に覆われています。今のところ名阪国道は、路面がウェットなだけですが、このまま降り続けば今晩から明日朝にかけては通行止めになるかも知れません。十分ご注意ください。

category:

あったか~い「猪汁」販売します!(2/4, 2/5)

2017年02月01日

この季節には体も心も温まる、あったか~い「猪汁」はいかがですか?


2月4日(土)、5日(日)、針テラスつげの畑高原屋にてお召し上がり(販売)いただけます。
お家で猪鍋を作ってみたい方には、もちろん猪肉の販売もやってますよ。

 

つげの畑高原屋の年末年始休業日について

2016年12月29日

【お知らせ】

針テラス情報館・つげの畑高原屋は、下記の期間お休みさせて頂きます。

2016年12月31日(土)~2017年1月4日(水)

新年は5日より開館・営業開始します。よろしくお願いいたします。

今年も糖度抜群のイチゴ「古都華(ことか)」

2016年12月28日

今シーズンも甘さで群を抜く古都華(ことか)が入荷しています。
奈良のイチゴと言えば「あすかルビー」が有名ですが、最近人気なのが古都華(ことか)です。
数多くあるイチゴの品種の中でも糖度の高さはナンバーワンクラスで、甘みが勝っていますが、実は酸度も高くて味が濃い、香りも強くて、色も鮮やかなのが特徴です。

一般にイチゴは先端部分が甘く、大きくて形のイビツなものの方が甘い傾向がありますが、古都華は小さくても甘さがあり、酸っぱいのが苦手と言う方にもオススメできます。
残念ながら作付面積が小さいので出荷量が少なく、お値段も若干高めなのが難点です。
針テラス・つげの畑高原屋でお求めください。

resize1556

良く晴れて寒い朝です!

2016年12月28日

今朝の大和高原は、天気予報では曇りでしたが、早朝から晴れ間が広がり、北風も入って寒い朝になりました。

周辺の凍結個所は無さそうですが、橋の上や峠など、特に北側斜面や日陰部分には注意してください。
なお、今夜から明日にかけてはさらに冷え込みそうです。道路の凍結は必至ですのでご注意ください。

category:

若草山から大雲海!(12/21)

2016年12月22日

昨日(12月21日)冬至の朝の若草山です。
前夜の天気予報では、午前中は晴れ、冷え込みは強くない、ということで特に注意報なども出ていなかったのですが…
この季節にしては暖かい雨が降った後で道はまだ濡れているし、冷え込みは強くないと言っても高気圧が真上に来るので前日からの気温差は大きいはず…これは雲海が出るんじゃないの?
ということで目覚ましをセットしていました。
どうも、既に夜中の2時ごろから山沿いや奈良盆地の中央部では、霧が出ていたようで、朝には奈良市街を除くほとんどの地域が霧の中になっていました。これは、奈良盆地を覆う大雲海?ということで、その時点で行先を宇陀から若草山に変更しました。

市街地は、地面がアスファルトで固められているので、水はけが良く、霧の発生が遅れます。午前6時前の段階では、まだ市街地には霧は出ていませんでした。
6時頃から霧が少しずつ市街地に迫ります。写真上の近鉄奈良やきたまちエリアも6時半には完全に雲海の下に没しました。

奈良で濃霧になることは、年に1~2日ありますが、綺麗な雲海になることは稀です。都市化の影響で若草山からダイナミックな雲海が見られることも少なくなりました。

若草山は、西側が開けているので朝日や逆光に輝く雲海の表面を見ることができませんが、鹿がいるので、まぁ被写体には事欠きませんね。
思ったようなポーズをとってくれると大助かりなのですが、そこが難しい。^^;

クリスマスコンサート(12/24)都祁交流センター

2016年12月20日

クリスマスコンサート
HONS Saxophone Quartet(サクソフォンカルテット)

開催日時:2016年12月24日(土)13:30開場、14:00開演
開催場所:奈良市都祁交流センター(ふれあいホール高原)

チケット料金:大人800円、70歳以上500円、小人500円
       ペアチケット1000円

チケット発売中(全席自由席)
お問合わせ先:都祁交流センター0743-82-2112

< 1 2 3 4 5
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△