こーひーぶれーく

奈良ドリームランドの跡地を見てきました。

2015年11月12日

先日、大阪市の不動産会社が落札し、11月17日に正式売却が決まった奈良ドリームランド跡地を見てきました。

→ 参考「ディズニーランドになれなかった遊園地のお話」

見てきたと言っても敷地の中には入れないのでフェンスの外から眺めるだけです。

resize1187

写真の道路は、外周列車の線路に並走するように走っています。
写っているのは、かつてのシンボル的な駅舎、外観的な傷みも見当たらず丁寧に作られたものだと言うことが想像できます。
駅や線路は地面よりも数メートル高い土手の上を走っていましたから、この道路はドリームランドが閉園した後に、おそらく土手を拡幅して作られたと言うことになります。

resize1188

道路の反対側のエントランスストリート横には、立体駐車場跡(もとはホテルがあった場所)も見えます。
導入路とエントランスの間に道路を一本通してもこの広さなので、いかに規模の大きな施設であったのかが実感できます。

resize1189

フェンスの周囲には樹木が生い茂っていますが、その隙間から中の建物少しだけ見えます。

resize1186

今はカラスの寝床になっているという木製コースターも見えました。
今後、どう活用されるのかはまだ発表されていませんが、多くの人の思い出の詰まった場所なので何か記念碑的なものを残してもらえると嬉しいですね。

雲海発生の仕組み

2015年11月09日

晩秋は雲海の季節、針テラス周辺でも雲海を見られるチャンスがあります。

→ 放射冷却霧による雲海発生のメカニズムについては、こちらをご覧ください。

今回は、大和高原で見られるいくつかの雲海の種類をご紹介しましょう。

(1)先ずは、雲海の代表格、放射冷却霧による雲海です。
 良く晴れた日の夜中から早朝に地表の温度が下がることによって発生します。
 早い場合は前夜から、遅いときでも日の出の1時間前には霧が発生し始めます。

resize6673

 上空よりも地表の方が気温が低くなる「逆転層」が特徴です。
 雲海の表面が平らで、朝日に照らされることが多く、風景写真に好まれます。
 日の出から1時間くらい、遅くとも昼頃までには消滅して晴天になります。

(2)2つめは、移流による霧です。
 別の場所で発生した霧が風などで移流してくるケースです。
 湿度の高い湖などで発生した霧があふれ出して流れ込んでくることが多いです。

resize6670

 上の写真の場合は、室生ダム湖(後方)からの霧の移流が見られます。
 実際は天満川で発生した霧と湖から移流してきた霧が合流しているようです。
 この他、移流してきた空気と水面の温度差によって霧になることもあります。

(3)最後は、雨天時や雨上がり直後の霧です。
 雨が降ると湿度が高まると同時に気温が下がって霧になります。
 放射冷却ではないので時間帯に関係なく発生します。

resize6672

 立ち上るような形になることが多いですが、覆うように広がることもあります。
 天気が悪いので日光を浴びて色が付くことは滅多にありません。

奈良に巨大な暈が出現!

2015年11月01日

本日(11月1日)、正倉院展などで賑わう奈良の上空に巨大な暈(かさ)が出現しました。
何かが降臨したのかもしれません。(^^)

kasa

かぎろひ&惑星コラボ

2015年10月27日

昨日の朝、湿度が上がらず、霧の発生は湖の上だけでしたが、前日に軽い冬型の北風が靄を吹き飛ばしてくれたので、「かぎろひ」(寒い日の朝一番に東の空に赤い陽光が見える現象)が綺麗に見えました。

resize6557

また、今月末にかけて金星、木星、火星が大接近しており、位置関係が毎日変わりますよ。

resize6556

↓ そして、少し離れて空が明るくなってから昇ってくるのが水星です。^^/

resize6558

(マル秘)美味しそうな…^^

2015年08月27日

生で食べても美味しそうな採れたてトウモロコシを調理中?

resize6114

針テラス・つげの畑高原屋の(マル秘)秋冬メニューの開発中!だそうです^^

resize6115

乞うご期待!!!

都祁の畑 高原屋の店舗レイアウトを変更しました。

2015年08月18日

昨日夜、針テラス・都祁の畑高原屋の店舗レイアウトを変更しました。

resize5987

壁際にあった棚を移動したので、野菜コーナーの島の周りがすっきり移動しやすくなります。

resize5989

地元の特産品・加工食品を、正面の大きなテーブルに移動して見やすくレイアウトしています。

resize5990

レジをカフェコーナーの厨房前に移動しました。
人気のスムージーもお買物のついでにお気軽にご注文ください!

resize5991

道の駅の登録証もレジ前に移動しましたよ。^^/

室生深野から今年最後?の天の川…

2015年08月16日

湿気が多くてなかなかすっきりした晴れ間が出ない日が続いていましたが、15日は久しぶりに雲が少なそうな予報でした。
夕方には結構雲が出てきましたが、GPV気象予報で見ると午後8時~9時頃には奈良県北部にわずかに晴れ間が望めそうな気配…
しかも、日曜日からお天気が崩れて、既に新月を過ぎていることから、今年最後の天の川チャンスになりそうです。
7月の梅雨明けのときは、龍王ヶ淵から撮ったので、今回は場所を変えて室生深野、ささゆり庵の近くから撮ることにしました。

resize5975

午後8時前、少し晴れ間が出たものの雲が多い状態です。室生深野の辺りだと大阪方面からの街灯り(画面右)は山で遮られているものの、名張方面(画面左)の灯りが気になります。
ただ、今回撮影する天の川は、南の方角になるので、北東方面の空の明るさはあまり影響なさそうです。
予報通り、8時半を過ぎたころから、雲が少しずつ晴れてきました。

resize5976

薄い雲がかかっているものの肉眼でも天の川の濃い部分がはっきりと確認できます。写真の方は、コントラストを上げて見やすく加工しています。

針ケ別所町のヒマワリ畑です。

2015年08月06日

昨年もブログで紹介した針ケ別所町のヒマワリ畑、今年は10日以上早く見頃です!
15m×10mほどの小さな畑で、本数は数えてみたら400~500本くらいでした。

resize0950

針インター交差点からR369号を北へ1.8km右側、針ケ別所の集落への入口の角にあります。

resize0952

昨夜の国際宇宙ステーションです。

2015年08月01日

日本の宇宙実験棟「きぼう」を連結した国際宇宙ステーションISSは、毎日数回日本上空の近くを通っていますが、時間帯や角度によって見えたり見えなかったりします。昨夜は、九州→中国地方→若狭湾→北陸と日本を縦断する軌道で時間的にも見やすい夜8時35分前後の通過だったので観測された方も多かったでしょうね。
ただ、7月2回目の満月(ブルームーン)と重なって、薄雲もあったので空が全体に明るく普通の星はほとんど見えない状況でした。

resize5846

午後8時34分頃になると南西(九州方面)の空から真っ直ぐにこちらに向かってくる明るい光の点が見えてきました。
ISSはサッカー場位の大きさがあるので望遠鏡で見れば太陽電池パネルの形まで見えるのだそうですが、肉眼で見ると明るい点にしか見えません。
飛行機のライトの様に点滅しないので、太陽の光を受けて輝いている人工衛星だとわかります。
写真は、あまり長く露光すると空が真っ白になるので15秒露光を繰り返しています。軌跡が途切れるのは、シャッターを閉じて次にシャッターを開けるまでにISSが移動するためです。
写真はそのまま重ね合わせると普通の星も少しずつ動いていて線になってしまうので、北極星を中心に少しずつ回転させて星が同じ位置に重なるように調整しています。

resize5850

最後は、カシオペアの右側を通って北東(北陸方面)に消えていきました。

なお、ISSの軌道は、下記のサイトで見ることができます。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

奥大和じゃらん(無料版)について

2015年07月30日

夏のStay Style 5 in 奈良
奈良県の東部、南部の古民家民宿、農家民宿、旅館やローカルフードの情報を満載した無料版「奥大和じゃらん」!
針テラス情報館にて入手できます。(無くなり次第終了)

resize0889

< 1 2 3 4 5
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△