こーひーぶれーく

月が出るとホタルは光らないの?

2016年06月10日

下記は、2014年6月に掲載した記事を一部更新したものです。

 

蛍に関する諸々なこと…

resize2406

ホタルは光を使ってコミュニケーションをとりながら繁殖活動をしています。ですから、明るいところが大嫌い。日が沈んで周囲が薄暗くなっても、空に明るさが残っている間はまだまだ活発には活動しません。
ホタルが活発に活動するには周囲の明るさが0.1ルクス以下になる必要があると言われています。
それに対して、満月の夜は0.2ルクスもの明るさがあって、ホタルにとってはまだ夜になりきっていないのと同じ。晴れていて月の光が当たるような場所では、ほとんど活動しません。
ホタルが活発に飛ぶのは夜8時~9時ですが、2016年6月の月の満ち欠けを見てみると、6月20日(月)が満月で、22日(水)の月の出が20時30分、それ以降は月の出が少しずつ遅くなって行くので、6月中旬よりも下旬の方が月の光に邪魔されずに観賞できそうです。

resize2404

結論から言うと、ホタルの生息地近くで故意に車のハザードを点けるのは絶対に止めてください。
ホタルは、一生のうちのほんの短い時間だけを使って光でコミュニケーションしながら繁殖活動をしているです。これに対して、ホタルの光の何千倍も強い車のライトで照らすことはホタルの活動を攪乱する行為でしかありません。
真っ暗闇で静かに観賞しているとホタルは2~3分間の周期で非常に明るく光ったり、あまり光らなかったりを繰り返しているのがわかります。後から来た車がハザードを点けるとその直後の20秒ほどは強く光るのですが、そのあと5分近くさっぱり光らなくなる(新しい車が来るたびにこれの繰り返しでいつまでたっても美しい乱舞が見られない!)のです。
到着したばかりで目が暗闇に慣れていないとハザードにホタルが寄ってくるように見えるのでしょうが、ハザードを点ける前はもっと綺麗に光っていたのに~と言いたい気持ちになります^^;
生息地に到着したら、ライトや室内灯などの人工光を全部消して自分の目を暗闇に慣らすことから始めましょう。

resize2405

懐中電灯に関しても車のライトと同じで、ホタルにとっては大迷惑なので絶対にホタルに向かって照らさないで下さい。
生息地によっては、懐中電灯はおろか、携帯電話の持ち込みまで禁止しているところもあります。(まれに全方向を照らす蛍光灯式のランタンを持って歩いている人がいますが、いったい何を見に来たんでしょう?)
目を慣らしてもなお足下が不安な暗闇の場合は、小型のペンライトなどで真下だけを短時間照らすようにお願いします。
さて、懐中電灯に関してもうひとつ。最近市販されている小型懐中電灯のほとんどがLEDを使ったものです。これを一生懸命ホタルに向かって点滅させてホタルの気を引こう?としている人がいますが、周囲の人の迷惑になっているだけです。ホタルは光の色(スペクトル)の違いに敏感で、LEDの青色ベースの光には、決して寄ってきませんので無駄なことは止めましょうね(^^;

なお、ホタルの捕獲に関しては、いくつかの生息地で公園条例などで禁止されています。禁止されていない場所でも来年また同じ場所でホタルを見るためにも捕獲したり持って帰ったりすることは止めましょう。
ちなみにホタルの成虫は直ぐに死んでしまうので、ビジネス的にもあまり価値が無いそうで、「養殖業者」は昼間に卵の付いたカワニナごとごっそり取って行くんだとか。オイオイヽ(`Д´#)ノ
あと、まあ常識的なことなんですが、大声で騒いだり、狭い一本道に路上駐車したり、地域の方の迷惑になる行為は差し控えて静かに楽しく観賞しましょう。

↓ 興味のある方はこちらもどうぞ
ちょっとシリアスなホタルのお話

針テラス情報館・つげの畑高原屋メルマガ!

2016年06月07日

針テラス情報館・つげの畑高原屋では、2016年5月よりメールマガジンの配信を開始しました。

★ 周辺の観光やお土産・特産品の情報がいっぱい!
★ 登録・解除はいつでも何度でもできます。
★ もちろん配信は無料です。
★ 当面は月に1~2回の配信を予定しています。

登録は下記のページから、メールアドレスとお名前(ニックネームでも可)を入力するだけです。
針テラス情報館・つげの畑高原屋メルマガ登録・解除ページ

もちろん、登録の解除も同じページからいつでもできます。

↓ メルマガのサンプルです。

sample

ホタル観賞に関する諸々…(月と蛍の関係など)

2016年05月26日

奈良の平野部では、ちらほらと蛍が飛び始めたようです。
今年のホタル観賞に関する諸々なこと…
(この記事は、2004年6月に掲載したものを一部変更して再掲載しています。)

resize2406

ホタルは光を使ってコミュニケーションをとりながら繁殖活動をしています。ですから、明るいところが大嫌い。日が沈んで周囲が薄暗くなっても、空に明るさが残っている間はまだまだ活発には活動しません。
ホタルが活発に活動するには周囲の明るさが0.1ルクス以下になる必要があると言われています。
それに対して、満月の夜は0.2ルクスもの明るさがあって、ホタルにとってはまだ夜になりきっていないのと同じ。晴れていて月の光が当たるような場所では、ほとんど活動しません。
2016年6月の月の満ち欠けを見てみると、6月5日(日)が新月なので、10日(金)辺りから徐々に月の光が邪魔になってきそうです。晴れて月の光が強い日などは、見通しの良い場所よりも木の陰になるようなスポットを中心に観賞する方が良いでしょう。
6月20日(月)が満月なので、それを過ぎると徐々に月が出る時間が遅くなり、暗闇が戻ってきます。大和高原などでは、6月の下旬以降の方が見やすいかも知れません。

resize2404

結論から言うと、ホタルの生息地近くで故意に車のハザードを点けるのは絶対に止めてください。
ホタルは、一生のうちのほんの短い時間だけを使って光でコミュニケーションしながら繁殖活動をしているです。これに対して、ホタルの光の何千倍も強い車のライトで照らすことはホタルの活動を攪乱する行為でしかありません。
真っ暗闇で静かに観賞しているとホタルは2~3分間の周期で非常に明るく光ったり、あまり光らなかったりを繰り返しているのがわかります。後から来た車がハザードを点けるとその直後の20秒ほどは強く光るのですが、そのあと5分近くさっぱり光らなくなる(新しい車が来るたびにこれの繰り返しでいつまでたっても美しい乱舞が見られない!)のです。
到着したばかりで目が暗闇に慣れていないとハザードにホタルが寄ってくるように見えるのでしょうが、ハザードを点ける前はもっと綺麗に光っていたのに~と言いたい気持ちになります^^;
生息地に到着したら、ライトや室内灯などの人工光を全部消して自分の目を暗闇に慣らすことから始めましょう。

resize2405

懐中電灯に関しても車のライトと同じで、ホタルにとっては大迷惑なので絶対にホタルに向かって照らさないで下さい。
生息地によっては、懐中電灯はおろか、携帯電話の持ち込みまで禁止しているところもあります。(まれに全方向を照らす蛍光灯式のランタンを持って歩いている人がいますが、いったい何を見に来たんでしょう?)
目を慣らしてもなお足下が不安な暗闇の場合は、小型のペンライトなどで真下だけを短時間照らすようにお願いします。
さて、懐中電灯に関してもうひとつ。最近市販されている小型懐中電灯のほとんどがLEDを使ったものです。これを一生懸命ホタルに向かって点滅させてホタルの気を引こう?としている人がいますが、周囲の人の迷惑になっているだけです。ホタルは光の色(スペクトル)の違いに敏感で、LEDの青色ベースの光には、決して寄ってきませんので無駄なことは止めましょうね(^^;

なお、ホタルの捕獲に関しては、いくつかの生息地で公園条例などで禁止されています。禁止されていない場所でも来年また同じ場所でホタルを見るためにも捕獲したり持って帰ったりすることは止めましょう。
あと、まあ常識的なことなんですが、大声で騒いだり、狭い一本道に路上駐車したり、地域の方の迷惑になる行為は差し控えて静かに楽しく観賞しましょう。

↓ 興味のある方はこちらもどうぞ
ちょっとシリアスなホタルのお話

環水平アークとか色々^^/

2016年05月09日

昨日の針テラスは、大型連休の最終日。Uターンの車も早めに帰る人が多いのか、連休ピークよりは少な目でした。
そんな中、先ず昼間に南の空に現れたのは、珍しい気象現象「環水平アーク」です。

resize8027

虹のように見えますが、名前の通り水平に近くて、わずかに逆方向に弧を描いています。
薄い雲がかかっているときにおこりやすい現象で、太陽の周りに暈(かさ)という輪っかがかかることが良くありますが、それよりも下(南)側に見えます。

resize8028

まぶしくて見えにくいですが、太陽の周りには薄く暈もかかっていました。かすかに虹色ですが、白っぽく見えるので白虹(はっこう)とも呼ばれています。どちらもお昼前後に見られることが多いようです。

resize8029

夕方になると暈は消えて、太陽の左右に幻日が見えてきました。これも虹のような色が付いていますが、縦向きで長さが短いのが特徴です。
さらに上を見上げると今度は環天頂アークが見えました。環天頂アークは他の現象よりも虹の色がくっきり見えるのが特徴だそうで、実際一番綺麗に見えましたよ。

ささゆり庵さんのパネル掲示が継続…

2016年04月25日

古民家再生、一棟貸しの宿「ささゆり庵」さん!
針テラス情報館でのパネル掲示を本年度も継続頂いています。

resize1471

「ささゆり庵」は、日本の里100選、ササユリの保護でも知られる室生深野にあって貴重な藁ぶき屋根の古民家をグループや家族で独占できる素敵なお宿です。

なお、針テラス情報館では、壁面へのパネル展示(幅1メートル単位)、壁面+床面(1平方メートル単位)でのディズプレイ等が可能(有償)です。
詳細は、針テラス情報館または株式会社地域活性局までお問合せください。
(展示内容によっては利用できない場合があります。)

昨日の当サイトの写真が「とくダネ!」で放送!

2016年03月09日

昨日、針テラス情報館のブログに掲載した雲海写真が、フジテレビ系の朝の全国番組「とくダネ!」で放送されました。
内容は、昨日朝に発生した濃霧に関するもので、東京スカイツリーのお天気カメラから見た雲海や横浜港の霧、霧に沈むビル群の夜景などが紹介された後、各地の霧が紹介されるというものです。

著作権・公衆送信権の関係でTV画像は掲載できませんが、どんな風に放送されたのか見たい人もおられると思いますので、イメージ画像を作ってみました。^^;

resize1374

額井岳の写真をバックに、針テラス情報館(地域活性局)から提供した昨日朝の写真4枚が紹介され、「水墨画の世界…」というテロップとアナウンスも流されました。

resize1375

↑ TVで紹介された昨日朝の写真です。

このあと、全国で発生した霧の原因が2日前の暖かい雨であることなど、霧が発生するメカニズムなども紹介されました。

龍王ヶ淵の波紋^^

2016年02月25日

今朝の大和高原は快晴です。
夜明けが早くなってきました。
気温はマイナス5度ですが、龍王ヶ淵は、このところの暖かさで全く氷はありません。
少し冬型の気圧配置なので風が入りこみ、水面もなかなか綺麗な水鏡にはなってくれません。

resize1362

ならば…と気分を入れ替えて、今度は水面の波紋を撮ってみました。
風の強弱、ピントを水面に合わせるか映り込みに合わせるか、PLフィルターを使うか使わないかなど、組み合わせで無数の表情が楽しめます。

hamon

次にホワイトバランスも自由に変えてみました。↓

resize1361

時々魚が、作る波紋も(^^)/

resize1360

大和高原の夜空

2015年12月11日

本日は新月です。
(写真は2日前の月。暗い部分も実は青い地球に照らされて光っています。)

resize6878

新月の前後は、月光に邪魔されないので星の観察に最適です。
12月14日夜から15日未明に極大になる「双子座流星群」は、ここ数年では最高の観測条件なんだそうです。
お天気の方がちょっと心配ですが、今回の流星群は無理でも冬の空はオリオン座など初心者でも見つけやすい星がいっぱいです。
空気の澄んだ大和高原で星を見てみませんか?
ただし、この時期の高原はたいへん冷え込みますので防寒対策や車の冬支度もお忘れなく。

resize6892

 

都祁の夕景(並松池)

2015年12月08日

昨夕は、良く晴れていながら西の空に筋状の雲があって、空が良く焼けそうな予感…
というわけで山辺高校の斜め向かいにある並松池(なんまついけ)に夕景を撮りに行ってきました。
住所的には藺生(いう)町の一番北の端で都祁友田町との境になります。

resize6850

結構大きめのため池でこの季節は、北東側の岸から眺めると見通しの良い方向に夕日が沈みます。
ただ、この日はそれほど雲が多くなかったので、沈む直前でも太陽の光が強すぎました。
太陽が隠れて、いよいよという時に野焼きの煙が入ってきて一旦撮影を断念したのですが…

resize6854

少し間をおいて、みるみる西の空が赤くなりました。池面も水鏡になって夕焼け空を映します。
水量が少ないのが幸いしてあまり波が立たないのも有難いところです。

針インターからは約3km、ハーレーダビッドソンのある名阪国道の側道を抜けて左折、山辺高校に向かって進むと左側に見えてきます。

 

ランチパスポート奈良 Vol.7

2015年11月27日

またまた、ぱーぷる別冊の「ランチパスポート奈良」Vol.7(税込994円)が発売されました。
もうインターバル無しで3カ月おきに出るみたいです。

今回は、プレミアムランチ(1000円)が掲載店舗数アップで充実とのことです。ランチ500円が売り物なのに1000円メニューを充実させていいのか?という疑問もありますが、プレミアムランチの方がお得感が強いということで人気があるのかもしれません。

resize6773

なお、初めての方のために説明しますと「掲載店の指定メニューが通常700円~1000円以上するところ、パスポートの提示で500円になる」というもので、だいたい3~5回使えばもとは取れる計算です。
使用できるのは今回は2016年2月24日までで、1店舗につき三回まで使用できます。
ただし、同行者は使えないので人数分のパスポート提示が必要です。また、店舗によっては、土日使用不可などの条件もありますのでご注意ください。


初版のランチパスポート奈良に関する紹介記事はこちら
ランチパスポート・目指せコンプリート!(←ウソ)
ランチパスポート奈良アンコール版
ランチパスポート奈良Vol.5

< 1 2 3 4 5
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△