伊那佐郵人でマレーシア料理を食べてきました。

2014年12月10日

築80年の旧伊那佐郵便局を改装した「伊那佐郵人(いなさゆうと)」でマレーシア料理が食べられると聞いて行ってきました。
ピークシーズンが終わったとはいえ、まだまだ朝霧が発生する榛原。(写真は鳥見山から)

resize4090

お目当ての伊那佐郵人は、榛原駅から県道31号線を5kmほど南へ下った榛原比布簡易郵便局の近くにあります。
(郵便局の角から旧道に入って北へ100mほど戻ったところ)

resize4093

昭和初期の木造建築を改装した店舗は、ワンデーシェフというシステムで営業されており、今回食事をしたBakKutTeh茶寮Masukin(バクテー茶寮マスキン)さんは、日曜日と火曜日に営業されています。

resize4091

店内は、郵便局当時の雰囲気も残した、どこか懐かしい居心地の良い空間になっています。
メニューは、肉骨茶(バクテー)セット、肉骨茶麺(バクミー)、のほか飲み物やデザートもあります。
バクテーというのは、マレーシアにやってきた中国人労働者が過酷な労働に耐えるために考案したと言う骨付き肉(スペアリブ)を漢方生薬で煮た薬膳料理です。
マレーシアでは専門店もあって人気の高い料理ですが、本来のマレー料理とは違うので東京や大阪でも食べられるところは少ないようです。

resize4092
もともと、肉の脂っこさが漢方生薬で中和?されて、さっぱりと食べやすい料理なのですが、ここのは日本人向けにさらにあっさりした味付けにアレンジされています。「バクテーの素」などの調味料は使わずに11種類の漢方生薬を使ってじっくり煮込んでいるので健康・美肌効果も期待できそうです。
ごろんと丸ごと入っている骨付きお肉もとっても美味しく頂けましたよ。

なお、特に冬場は気象条件などで突然の休業なども考えられますので、出かける前に電話で予約を入れた方が良いでしょう。
(BakKutTeh茶寮Masukinの予約は、090-5964-8808)
日曜日は、予約があれば夕食にも対応でき、またお料理の内容も相談できるそうです^^/

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△