牡牛流星群、17日には獅子座流星群が!

2014年11月14日

 

明るい流星(火球)が多いことで知られる牡牛座流星群がピークに入っています。
また、少しお天気が心配ですが、17日夜から18日朝にかけては、2001年に流星雨を降らせた獅子座流星群もピークになります。
2001年の出現時は、1時間あたり2,000個もの流星が確認され、時には音を立てて飛ぶ大火球も見られましたが、今年は残念ながら肉眼で見えるのは数分に一個くらいの割合でしょう。
寒波の影響で寒い週になってしまいましたが、ぜひ空気の綺麗な大和高原で観測してみて下さい。

resize3803

↑ 昨夕6時過ぎに、実際に都祁でどのくらい星が見えるかテストしてみました。
左下が明るくなっているのは、雲の影響と大阪、奈良方面の街灯りです。右の方を流れているのも薄い雲です。
この時期、夜が長いので夕方には夏の星座、夜半からは秋の星座、朝方には冬の星座や春の星座を見ることができます。
上の写真のアルタイル(牽牛)、デネブ、ベガ(織姫)は夏の大三角形と呼ばれ、雲があるので写真では見にくいですが、画面の中央辺りを右から左に天の川が横断しています。
流星は、全方向に出現する可能性があるので、観察する時は、街灯などを避けて、できるだけ暗い方向を中心に見ると良いでしょう。
また今週末から来週初めは、夜半になると月が出てくるので、月が出てからの観察は、月と反対方向を向くと良いでしょう。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△