都祁・荻町(おおぎちょう)のタカキビが色づきました。

2014年08月18日

荻町の農家の庭先などで見かけるタカキビが色づいています。
タカキビは、コーリャン、モロコシ、ソルガムなどとも呼ばれる雑穀の一種で高さが2m~3m近くにもなります。

resize2943

ご飯に少し混ぜて炊くと赤い色が付きますが、先祖から引き継いだ固有種のタカキビを使って赤飯を作る風習は、都祁地域の中でも、わずか70世帯ほどの荻町だけに伝わります。

resize2942

小豆で作る一般的な赤飯と違って、弾力のあるつぶつぶ感と栗ご飯のような独特の渋みがあるのだそうです。

resize2944

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△