「幻のロープウェイ」の模型製作記^^;

2014年02月27日

針テラス情報館で開催中の「幻のロープウェイ資料展」 ですが、資料ばかりではつまらない、ということで索道の模型を作りました。
材料は竹ひご、バルサ材などです。
スケールは大きくした方が作りやすいのですが、陳列ケースに入る高さと言うことで、だいたい1/100です。このスケールだとちょっと鉄骨代わりの竹ひごが太すぎますが、まあ仕方ないでしょう。

resize1284

竹ひごを切りながら昔の写真に合わせて組んでいくのですが、これが意外と大変です。
ある程度固まってからでも修正が効くように接着剤にはゴム系のボンドを使いました。

resize1294

2本組みあがったら着色して鉄塔は完成です。バックは、南田原にあった大鉄塔の写真です。

resize1295

1/100スケールだと1m=1cmということで、「ハンキ」はこんなに小さく作らないといけません。
材料には、結束バンドとバルサ材、竹ひごを使いました。

resize1297

ジオラマっぽく撮るとこんな感じに…
やっぱり鉄骨が太すぎですが^^;

resize1322

 資料展で展示していますので見に来てくださいね~

幻のロープウェイを訪ねて その1
幻のロープウェイを訪ねて その2
幻のロープウェイを訪ねて その3

本サイトの索道跡紹介ページはこちら

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△