今週も雪?今さらですが、冬タイヤとチェーンの話…

2014年02月17日

バレンタインデーの大雪に見舞われた奈良ですが、今週も水曜日から木曜日にかけて雪の予報が出ています。(2/18追記:雪の可能性は低くなりました)
今回は今さらですが、都市部に住んでいる方にはあまりなじみのない冬タイヤとチェーンの話です。

針テラス周辺では、名阪国道は除雪されたり融雪剤がまかれていたりするのですが、一般道や駐車場では結構雪が残っています。

resize1233

↑こんな感じで、いわゆる圧雪状態です。
雪の多い地域の方は、冬の間だけ冬タイヤ(一般的にはスタッドレスタイヤ)を装着しているので、ノーマル(夏)タイヤではスリップする路面でも走破することができます。
ただ、乾燥路と同じというわけではなく、急ブレーキを踏めばABSが働いてガガガッという振動とともに少し滑りながら止まるという感じです。
また、発進時や加速時のアクセルの踏み方が粗いとシュルシュルという感じでタイヤが空転します。
冬タイヤを装着しているときでも急ブレーキ、急アクセル、急ハンドルは避けて、慎重に運転してください。

resize1234

スタッドレスタイヤはこんな感じになっています。夏タイヤにはない大きな溝があり、柔らかいゴムで路面をつかみます。
経年変化でゴムが固くなってくるので、溝が残っていても冬タイヤとしての寿命はだいたい3年くらいです。

resize1235

↑さて、こちらは凍結している道路。一度融けた雪が凍ってツルツルになっています。こういう場所では、スタッドレスタイヤでもあまり効力が発揮できないので注意してください。
また、一般道の急な坂(針テラス近辺だとR369号で榛原へ下る香酔峠など)では、冬タイヤでも走行できないことがあります。
そんなときのためにチェーンも携行しておいた方が安心です。
雪の積もった路面でチェーンを装着するのは至難の業なので、早めに平らな(夜の場合は明るい)駐車場などで装着してください。
チェーンには金属製のものと樹脂製のもがあります。樹脂のものは、装着した状態でもある程度スピードを出して乾燥路を走れるので、雪道と乾燥路を交互に走る場合には便利です。
ただ、金属チェーンの方が価格的に安くて、置き場所もほとんどとらないので、一冬に2~3回しか使わない方には金属チェーンをおススメします。

「気象/道路情報」↓ をクリックすると最新の気象情報が見られます。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△