環水平アークとか色々^^/

2016年05月09日

昨日の針テラスは、大型連休の最終日。Uターンの車も早めに帰る人が多いのか、連休ピークよりは少な目でした。
そんな中、先ず昼間に南の空に現れたのは、珍しい気象現象「環水平アーク」です。

resize8027

虹のように見えますが、名前の通り水平に近くて、わずかに逆方向に弧を描いています。
薄い雲がかかっているときにおこりやすい現象で、太陽の周りに暈(かさ)という輪っかがかかることが良くありますが、それよりも下(南)側に見えます。

resize8028

まぶしくて見えにくいですが、太陽の周りには薄く暈もかかっていました。かすかに虹色ですが、白っぽく見えるので白虹(はっこう)とも呼ばれています。どちらもお昼前後に見られることが多いようです。

resize8029

夕方になると暈は消えて、太陽の左右に幻日が見えてきました。これも虹のような色が付いていますが、縦向きで長さが短いのが特徴です。
さらに上を見上げると今度は環天頂アークが見えました。環天頂アークは他の現象よりも虹の色がくっきり見えるのが特徴だそうで、実際一番綺麗に見えましたよ。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△