奈良ドリームランドの跡地を見てきました。

2015年11月12日

先日、大阪市の不動産会社が落札し、11月17日に正式売却が決まった奈良ドリームランド跡地を見てきました。

→ 参考「ディズニーランドになれなかった遊園地のお話」

見てきたと言っても敷地の中には入れないのでフェンスの外から眺めるだけです。

resize1187

写真の道路は、外周列車の線路に並走するように走っています。
写っているのは、かつてのシンボル的な駅舎、外観的な傷みも見当たらず丁寧に作られたものだと言うことが想像できます。
駅や線路は地面よりも数メートル高い土手の上を走っていましたから、この道路はドリームランドが閉園した後に、おそらく土手を拡幅して作られたと言うことになります。

resize1188

道路の反対側のエントランスストリート横には、立体駐車場跡(もとはホテルがあった場所)も見えます。
導入路とエントランスの間に道路を一本通してもこの広さなので、いかに規模の大きな施設であったのかが実感できます。

resize1189

フェンスの周囲には樹木が生い茂っていますが、その隙間から中の建物少しだけ見えます。

resize1186

今はカラスの寝床になっているという木製コースターも見えました。
今後、どう活用されるのかはまだ発表されていませんが、多くの人の思い出の詰まった場所なので何か記念碑的なものを残してもらえると嬉しいですね。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(194)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△