花火の写真を撮ってみませんか?

2015年07月22日

今回は、簡単なようで意外と難しい花火の撮り方について解説します。
必要なものは、ホタル撮影の時と同じく、カメラ、三脚とリモコンケーブル(レリーズ)です。
リモコンを使うので、当然カメラはリモコンに対応していることとB(バルブ)モードを使えることが必要になります。
ピントや絞りもマニュアル(手動)で設定できる必要があります。

hanabisatuei

特に花火撮影で重要なのは、頑丈な三脚を準備することです。
一見しっかりした三脚にカメラを固定していたとしても風の影響やシャッターを切った瞬間の機械的な振動(ミラーショック)などでカメラは微妙に揺れています。花火撮影では、少しでもカメラが揺れていると光跡が波のように揺れているのがそのまま写ってしまいますので、特に遠くの花火を望遠で撮影するような場合は、できるだけ頑丈な三脚を準備してください。

ISOは、基本感度(多くのカメラではISO100)にします。
ピントは、花火と同じくらいの距離にある街灯などを利用してライブビューを使ってマニュアルで合わせておきます。ズームレンズの焦点距離を変えた場合は、ピントも合わせなおす必要があるので注意してください。
ホタルと同様、花火は動きながら光跡を残していくので、基本的にシャッター速度を変えても明るさは変わりません。
一方、ホタルの場合とは逆に花火の光跡は、非常に明るいので絞りをF11程度に絞り込みます。
(遠くの花火を写す場合はF8以下、フィナーレの明るい花火を写す場合はF16以上に絞ることもあります。)

1本の花火だけを写す場合は、花火が昇って行くのを確認してシャッターを開き、完全に消えたのを見計らってシャッターを閉じます。だいたい3秒から5秒くらいです。
複数の花火を映しこみたい場合は、それに合わせて露光時間を長くします。また、休憩時間など花火が途切れる時間も露光することで背景や空を明るく映しこむことができます。

hanabi01

ただ、小規模な花火大会だと(A)のように同じ場所に全部の花火が上がってしまい、せっかくの赤、青、緑の花火が重なって白っぽくなったり、沢山の花火を一枚に収めようとすると重なった部分が露出オーバーで真っ白になってしまうこともあります。
(B)のようにうまく位置がばらけてくれると良いのですが、次にどんな花火が来るのかわからないので偶然にたよるしかないでしょう。(花火の知識があれば、次に来る花火の位置や種類を推測して、黒く塗った「うちわ」でレンズの前を覆いながら写したい花火を取捨選択する一種の多重露光の手法も使えます。)
(C)は、フィナーレの花火です。花火大会では、最後に近づくほど大きな花火が連続して上がることが多いので、絞りを絞ったり露光時間を短くしたりして調整します。ただ、滞留する煙も多くなってくるのできれいに映すのは難しいと思います。

最後は、何枚かに分けて撮った写真を合成する方法です。
これも蛍の比較明合成と同じ手法で行えます。

hanabi02

既にどんな位置にどんな花火が上がったのかわかっている状態で作業をするのですから、前述の「うちわ」を使った多重露光のように花火の知識は必要ありません。同じアングルで撮っておけば画面上で重ね合わせながら好みの組み合わせで合成することができます。
ただし、あまり比較明合成に頼ると不自然なCGっぽい絵になりがちです。重ね合わせは2、3枚程度に抑えておいたほうが綺麗に仕上がるでしょう。

 

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△