観光/イベント情報

東大寺二月堂の修二会に行ってきました!

2017年03月10日

3月1日から始まった東大寺二月堂修二会のお松明ですが、いよいよあと4夜を残すのみとなりました。
一昨日までのお松明の様子をまとめてみました。



お松明は、二月堂の北側の登廊(屋根の付いた階段)を練行衆を先導する形で登ってきます。練行衆が入堂したあと、お松明を担いだ童子さんだけが、回廊の北の角までゆっくりと進みます。


↑ 回廊の角でお松明をグルグル回す所作は人気がありますね。

火の粉や灰が回廊の下に落ちるので、回廊下の最前列で見ているとジャケットなどに穴が開いてしまうことがあります。灰を被ると無病息災とも言いますが、火の粉を避けたい場合は、少し下の段が良いそうです。


↑ こちらは長秒時露光で撮ったものなので、実際の見え方とは異なります。

この後、お松明を担ぎなおした童子さんは、北の角から南の角まで全速で走り抜けます。


↑ 南の角まで走る様子を長秒時露光で撮ると龍のように写りますね。^^


↑ 南の角でもグルグル…

南側は炎の勢いが弱くなっているので火の粉の円もちょっと小さ目のことが多いようですが、白飛び(明るすぎて真っ白に写ってしまう)し難いので、撮影は楽かも知れません。
境内での三脚、一脚、脚立などの使用は禁止です。それらに類似するカメラを固定する器具なども警備の方から注意されます。三脚を使用する時は、二月堂裏参道沿いにある第二拝観席(関係者駐車場)に移動してください。(望遠レンズが必要です。)
フラッシュ・ストロボやオートフォーカス補助光、ビームなどの光を出す機能も厳禁です。スマホ、デジカメなど、暗い場所では勝手に光を出してしまう機器もあるので、設定を確認するか、遮光テープを貼るなどして、光が出ないようにして下さい。

荷物やシートだけを放置して、場所取りをすることは禁止です。時々、警備の方が巡回していて、その時に人がいなければ、荷物は回収されますので、ご注意ください。

昔、お松明は、北側と南側の階段から登ったこともあったそうで、その名残として、10本のうち、5本は回廊を通って北から南に移動するようになったそうです。(現在は、10本とも回廊を北から南に移動して、南側で火を消します。)

なお、12日は、通常の日の松明よりも大きな籠松明が11本(通常は10本)上がります。日曜日でもあり、大混雑が予想されます。また、その後、深夜(13日の午前1時半以降)になりますが「お水取り」の儀式があります。
14日の最終日(この日は、午後6時半から)は、10本の松明が一斉に回廊に並ぶので、こちらも大変人気があります。少しでも混雑を避けたいのなら、本日(3/10)か、月曜日(3/13)辺りが良いかも知れません。

あったか~い「猪汁」販売します!(2/4, 2/5)

2017年02月01日

この季節には体も心も温まる、あったか~い「猪汁」はいかがですか?


2月4日(土)、5日(日)、針テラスつげの畑高原屋にてお召し上がり(販売)いただけます。
お家で猪鍋を作ってみたい方には、もちろん猪肉の販売もやってますよ。

 

若草山から大雲海!(12/21)

2016年12月22日

昨日(12月21日)冬至の朝の若草山です。
前夜の天気予報では、午前中は晴れ、冷え込みは強くない、ということで特に注意報なども出ていなかったのですが…
この季節にしては暖かい雨が降った後で道はまだ濡れているし、冷え込みは強くないと言っても高気圧が真上に来るので前日からの気温差は大きいはず…これは雲海が出るんじゃないの?
ということで目覚ましをセットしていました。
どうも、既に夜中の2時ごろから山沿いや奈良盆地の中央部では、霧が出ていたようで、朝には奈良市街を除くほとんどの地域が霧の中になっていました。これは、奈良盆地を覆う大雲海?ということで、その時点で行先を宇陀から若草山に変更しました。

市街地は、地面がアスファルトで固められているので、水はけが良く、霧の発生が遅れます。午前6時前の段階では、まだ市街地には霧は出ていませんでした。
6時頃から霧が少しずつ市街地に迫ります。写真上の近鉄奈良やきたまちエリアも6時半には完全に雲海の下に没しました。

奈良で濃霧になることは、年に1~2日ありますが、綺麗な雲海になることは稀です。都市化の影響で若草山からダイナミックな雲海が見られることも少なくなりました。

若草山は、西側が開けているので朝日や逆光に輝く雲海の表面を見ることができませんが、鹿がいるので、まぁ被写体には事欠きませんね。
思ったようなポーズをとってくれると大助かりなのですが、そこが難しい。^^;

クリスマスコンサート(12/24)都祁交流センター

2016年12月20日

クリスマスコンサート
HONS Saxophone Quartet(サクソフォンカルテット)

開催日時:2016年12月24日(土)13:30開場、14:00開演
開催場所:奈良市都祁交流センター(ふれあいホール高原)

チケット料金:大人800円、70歳以上500円、小人500円
       ペアチケット1000円

チケット発売中(全席自由席)
お問合わせ先:都祁交流センター0743-82-2112

光のページェント&チャペルコンサート

2016年12月06日

クリスマスと言えばショッピングセンターなどでも煌びやかなイルミネーションを沢山見かけますが、近鉄奈良駅近くの「ひがしむき商店街」にあるイルミネーションは、本物の教会のイルミネーションです。
12月11日からクリスマスイブまで、商店街に面した奈良基督教会(親愛幼稚園)の前では「光のページェント」が、また、2015年に重要文化財に指定された和風建築の礼拝堂の中では、チャペルコンサートが実施されます。

イルミネーションは17時~21時まで点灯(予定)
2016年のコンサート開催日:12月11、15、16、17、19、20、21、22、23日※
 ※23日は、協賛金300円、その他の日は無料です。
  12~14日は、コンサートはありませんが、17~20時、礼拝堂は自由に見学可。
  18日は、17時より「平和のための祈り」を開催します。
24日 19:00~キャンドルライト礼拝、23:00~深夜礼拝(予定)
25日 10:30~降誕日礼拝(予定)

・全て一般参加可能、基本無料ですが、23日は協賛金が必要です。
・写真撮影可否はイベント内容によって変わりますので、関係者にご確認ください。
 (フランスシター演奏など繊細な楽器を使用する日は、撮影ができません。)

2週間ぶりの雲海夜景!

2016年11月26日

昨日に続き、今朝も鳥見山から撮影しました。
気候の条件は昨日と似ていますが、昨日は朝5時頃から雲が広がり始めたのに対して、今朝はずっと快晴が続きました。
また、月が一段と欠けたことによって、空からの光が弱くなって、街灯に照らされる霧が鮮やかになってきました。

resize1817

↑ 北東から南方向のパノラマです。
室生湖から溢れだした霧が住宅街や榛原の中心部を覆っています。この画面よりも右側の大宇陀方面にはあまり霧が出ていませんでした。

resize1816

月が欠けてきたので星も良く見えます。快晴でしっかりと逆転層が形成されたようで、地表付近の湿度が高いのに比べて標高の高い展望台付近では空気も澄んでいます。画面の中央に月、木星と春の大三角形が見えています。

resize1813

榛原の中心部も雲海に沈み左手前は、霧の滝のように見えていますね。^^/

今朝の雲海と朝焼け(11/25)

2016年11月25日

先日の寒波でぐっと気温が下がりましたね。
今朝は、冬型の気圧配置が緩んで風もほとんどありませんが、気温の方は山間部では氷点下に達したようです。最低気温が氷点下になると秋のような大雲海が発生することは少なくなります。
今朝の宇陀榛原も冬に見られるような少し控えめな雲海が室生湖の上や山際に出るだけでした。

resize9727

黒い雲が上空を覆っているのですが、東の地平線近くに少し隙間があって、そこから真っ赤な陽光が漏れていたので、霧は少な目ながら、なかなか面白いコントラストになりましたよ。^^/

resize9728

なお、早朝、特に山間部では積雪、凍結などの恐れがありますので、冬タイヤの装着、急ハンドルや急ブレーキを避けるなど車の通行には十分注意をお願いします。また、鳥見山公園の登山道は、冬季通行止めになることもあります。

奈良公園の紅葉

2016年11月17日

奈良公園の紅葉が一気に見頃を迎えています。
今年の紅葉は、赤い葉もある一方で黄色や緑いろのままの葉も混ざる不揃いな木が多いですが、赤い部分の色は鮮やかで去年よりも見ごたえがあります。

resize9614

もう少しすればさらに赤い葉が増えてくるかもしれません。
最近は、外国人観光客にも紅葉が人気だそうで、この時期は平日でも人が多いですね。

resize9624

もちろん、奈良公園ですから鹿と紅葉のコラボレーションもたっぷりと楽しめます。
今週末から来週末辺りがオススメ、晴れた日の朝日や夕日に照らされる紅葉はもちろん、写真を撮るなら雨の日の紅葉も要チェックです。

晩秋の雲海(榛原鳥見山)

2016年11月14日

先週土曜日(11月12日)は、金曜日早朝まで降った雨の後、強い冬型にはならなかったため、比較的風も弱く、雲海の発生しやすい条件でした。いつもの鳥見山から見ると榛原の市街地は夜半には既に雲海の下に沈み、高台の住宅地も時々霧に隠されていました。
先週末までは、月が出ていなかったので夜景に照らされたカラフルな雲海が撮れましたが、今週から月末前までの二週間は、月光が強くなるので夜景は撮りにくくなります。

resize9607

上空は良く晴れて星も沢山見えているのですが、残念ながら東の空、地平線近くに黒い雲があるので、綺麗な赤色のグラデーション(かぎろひ)にはならず、空の色味はいまひとつです。

resize9608

青い空の色を映した雲海とわずかに残る街灯の黄緑色、これに空の赤が加わるとまた違った感じになるところですが、これはこれで悪くはないかな(^^)

resize9609

この日は、室生湖と手前の住宅街、榛原の市街地が雲海に沈みましたが、大宇陀方面は、霞がかかるのみで雲海にはなりませんでした。ちょっと残念…

resize9613

能登の燈籠山が飛火野に!

2016年11月14日

先週末(11月11日~13日)、石川県の能登半島先端にある珠洲市の春日神社から燈籠(とろ)山が飛火野にやってきました。
これは、春日大社の正遷宮を祝う行事のひとつで、燈花会をバックに高さ16mの燈籠山を曳くのは大迫力!

resize9597

これには、鹿もビックリ…かなぁ?(笑)

resize9602

燈籠山の一番上におられるのは、春日大社の御祭神でもある武甕槌命(たけみかづちのみこと)だそうですよ。

resize9603

ウルトラスーパームーン直前の月も辺りを照らして、とても素晴らしい夜になりました。

< 2 3 4 5 6
blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△