一足早くスズランなど…(馬見丘陵公園に行ってきました)

2014年05月14日

都祁吐山町の原生スズランが開花するまであと少しですが、馬見丘陵公園のスズランが咲いていると聞いて行ってきました。

本サイト内の馬見丘陵公園の案内ページはこちら

resize2141

これは、ドイツスズランという種類で日本に原生しているものと少し違います。
日本のものは、葉っぱの下に咲きますが、ドイツスズランは葉っぱの上にまで花茎を伸ばしています。
場所は、中央口から入ってまっすぐ池の前まで降りて行き、右に曲がって道なりに進むと「陽だまり広場」に出ます。少し行き過ぎた辺りで池沿いの道に逸れると日陰になっている一帯に植えられています。
もちろん採取してはいけませんが、スズランは根、茎、葉、花すべてに毒があり、花瓶の水を誤飲しただけで死亡事故例もあると言われていますので絶対に触らないでくださいね。

resize2140

↑ さて、こちらはバラ園です。そろそろ見頃が近づいています。奈良だと「おふさ観音」「霊山寺」「松尾寺」などでも今週後半あたりから見頃になってきます。

本サイト内のおふさ観音の案内ページはこちら
本サイト内の霊山寺の案内ページはこちら
本サイト内の松尾寺の案内ページはこちら

resize2142

↑ スイレンも咲いていました。こちらは中央入口の右方向にある小さな池です。

resize2143

↑ こちらはシラン、名前の通りラン科の植物で野生のものは準絶滅危惧種だそうです。

しょうぶ園については、まだ準備中でした。
菖蒲まつりはこちらをご覧ください。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△