ゴールンウィークは大和高原で星を見よう!(天の川編)

2014年04月28日

ゴールデンウィークの星空、今回は夏の星です。

夏の夜空を飾る美しい天の川、この季節は夜遅くから明け方近くに見ることができます。
良く晴れた日は、放射冷却で谷間に霧が発生することもあるので、少し高い場所で観測した方が良いかもしれません。
谷間に霧が発生した方が、対流が抑えられて、高度のある場所では空気が澄んで星が綺麗に見えるようです。
さて、こちらは5月2日午前3時(5月1日の夜)の南の空(奈良付近)です。

resize2067

春の大三角形は西の空に傾き、代わりに夏の大三角形が空高く昇ってきます。
琴座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(牽牛)の間に天の川銀河が見えます。天の川は南の方へ行くほど濃くなっていて、全天の中でも一番カラフルで美しい星雲や星団が集まっている場所(銀河系の中心に近いところ)です。
↓一か月前(4月5日)の明け方がこんな感じでした。条件が良ければ肉眼でもはっきり見えますよ!

天の川と又兵衛桜

天の川と又兵衛桜

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△