森野旧薬園のカタクリが満開です!

2014年04月01日

大宇陀の古い町並み「松山千軒」にある森野旧薬園でカタクリの花が満開です。
古くは、カタクリの根から取った澱粉のことを片栗粉と呼んでいました。
森野旧薬園は、もともと薬草も栽培する葛の製造所、伝統的建造物であると同時に、裏山では今でも自然に近い状態で薬草が栽培されています。

当サイト内の森野旧薬園の案内ページはこちら

resize1680

右手の入口から入って、入園料300円を支払い、案内板に従って建物を通り抜けて裏山に向かいます。

resize1679

建物の裏側は急な崖になっており、ジグザグの坂道を登ると斜面一面にカタクリが半自生状態で咲いていました。

resize1675

完全な自然の状態ではなかなか見ることができなくなった貴重な花を間近で見ることができます。

resize1678

なお、カタクリの花は日光が当たらないと開きません。朝早くや夕方、また曇天や雨の日は閉じていますので注意してください。
また、奈良では、葛城山のロープウェイ頂上駅から頂上に向かう途中、右側に逸れた遊歩道などでも自生しています。(標高が高いので少し時期が遅れて4月下旬ごろです。)

 

 

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△