晩秋の雲海(榛原鳥見山)

2016年11月14日

先週土曜日(11月12日)は、金曜日早朝まで降った雨の後、強い冬型にはならなかったため、比較的風も弱く、雲海の発生しやすい条件でした。いつもの鳥見山から見ると榛原の市街地は夜半には既に雲海の下に沈み、高台の住宅地も時々霧に隠されていました。
先週末までは、月が出ていなかったので夜景に照らされたカラフルな雲海が撮れましたが、今週から月末前までの二週間は、月光が強くなるので夜景は撮りにくくなります。

resize9607

上空は良く晴れて星も沢山見えているのですが、残念ながら東の空、地平線近くに黒い雲があるので、綺麗な赤色のグラデーション(かぎろひ)にはならず、空の色味はいまひとつです。

resize9608

青い空の色を映した雲海とわずかに残る街灯の黄緑色、これに空の赤が加わるとまた違った感じになるところですが、これはこれで悪くはないかな(^^)

resize9609

この日は、室生湖と手前の住宅街、榛原の市街地が雲海に沈みましたが、大宇陀方面は、霞がかかるのみで雲海にはなりませんでした。ちょっと残念…

resize9613

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△