今朝の雲海(9/27)

2016年09月27日

秋雨前線の停滞でぐずついたお天気が続きますが、今朝は久しぶりの晴れ間が出そう…ということで鳥見山に行ってきました。
雲海が発生する条件として、朝の冷え込みが必要ですが、台風が暖かい空気を運んできているので、前日の最高気温との差が5度程度しかありません。今朝を逃すとまた1週間ほど悪天候が続きそうなので、あまり期待はできませんがダメもとで出かけました。

resize9212

朝方の空は既に冬の星座になっています。南の空にはオリオン座が輝き、オリオン大星雲も見えました。(200mmで撮影、トリミング)

resize9215

予想通りですが、榛原の街には全く霧が出ず、室生湖の辺りだけがかろうじて雲海のようになっていました。
それでも100~200mmの望遠レンズで切り取れば、結構迫力ある絵が撮れます。
朝日が当たるまでは地上が暗く、空が明るすぎるのでグラデーションフィルター(ハーフND)などを持参すると良いでしょう。上の写真は、黒く塗った厚紙でレンズの上半分を覆う(所謂「紙ワザ」)を使っています。

resize9216

太陽が顔を出すまでの間、雲が真っ赤に焼けました。地上の雲海には日が当たっていないので対照的な色になっています。

resize9221

こちらは、一旦顔を出した朝日が上空の厚い雲に隠れたところです。上空に雲が無いと太陽が出た後直ぐに白っぽい画面になりがちですが、こんな風に上空からの光が遮られると長い時間地上の雲海が黄金色に輝くので、とってもお得感がありました。(^^)

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△