華鎮三枝祭に行ってきました。

2016年06月21日

去る6月17日に近鉄奈良駅近くの漢国(かんごう)神社で行われた華鎮三枝祭(はなしずめさきぐさまつり)に行ってきました。三枝祭りと言えば、同じ6月17日に率川(いさがわ)神社で行われる三枝祭(さいくさのまつり)が有名ですが、こちらは言わばもうひとつの「ゆり祭り」、開催時刻も同じ午前10時30分からです。

hanashizume01

率川神社には、早くから大勢の人が集まっているのに対して、こちらは1時間前の段階では。ほとんど人はいませんでした。境内は狭いものの最前列は確保できました。

hanashizume02

巫女さんが舞う率川神社とは異なり、こちらでは、平安初期から伝わると言う清和四条流一門による式庖丁儀式が奉納されます。
真魚箸(まなばし)と庖丁だけを使い、お供え物(今年は鯛)には一切手を触れることなく三枚におろして盛り付けます。

hanashizume03

慎重に切れ目を入れた後、頭と骨をスライドさせて引き出すところで歓声があがりました。

狭いので最前列は2~3人ですが、境内がぎゅうぎゅう詰めというわけでは無いので、隙間から覗き込んだり、多少は場所移動して違うアングルで撮ることなどは可能でした。
そして、最後にササユリを使って飾り付けをするところなど、まぎれもなく「ゆり祭り」ですね。

率川神社の三枝祭りと同じ日の同じ時刻に行われるので同時には見られませんが、是非両方見ておきたい魅力的なお祭りです。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△