屏風岩の山桜と銀河のコラボレーション(4/19)

2016年04月20日

いよいよ満月が迫ってきたところへ、屏風岩公苑のヤマザクラが例年よりも早く満開との情報もあり、天気予報をチェックして、銀河とのコラボレーションに挑戦してきました。^^;

この季節に銀河を撮れるのは、午前3時頃からですが、少し早めに2時半ごろに到着しました。
まだ月が西の空に入り残っているので、辺りは結構明るくて、照明が無くてもヤマザクラが見えています。すでに沢山のカメラマンが三脚を並べて、月光で桜の撮影をしていました。

↓ まだ早いのでとりあえず、定番の位置から月明かりで撮影しました。

byoubuiwa01

3時になって月が低くなりましたが、まだまだ空が明るい上に南の空に雲が残っています。
天気予報では、3時過ぎには雲が南下して快晴になるとなっていたので、もう少し待つことにしました。

しばらくして天の川は頭上にまで昇り、雲もほとんどなくなりましたので、広場の北側に移動して頭上の天の川を撮影します。

resize7936

桜をセルフライティングする準備もしていたのですが、私以外に銀河を撮っている人はいなさそうで、全員が南側から屏風岩の方を狙っているようなので結局ライティングは断念しました。^^;
(去年は、この時間帯ほとんど誰もいなかったんですが…)

この後、南側の斜面の際まで移動しました。ここからだと銀河の下の方まで見下ろすことができます。

resize7937

こちらは、誰もいなかったので、セルフライティングを併用しています。
既に左下(東側)の空が少し明るくなってきて、全体に青みを増しています。やはり榛原周辺と比べてもここよりも南に大きな街が無い分、星は綺麗に撮れるようですね。

ここからも少しだけ雲海が見えましたが風が強かったので、この後、鳥見山に移動して日の出と雲海を撮りました。

 

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△