大和な雛まつり(その1)

2016年02月27日

大和郡山市で3月6日まで開催中の「大和な雛まつり」に行ってきました。
奈良県内で規模の大きい雛めぐりイベントとしては、ここ大和郡山のほか高市郡高取町の「町家の雛めぐり」(3月1日~31日)があります。

先ずは、「大和な雛まつり」のメイン会場にもなっている旧川本邸です。
ここは、もと遊郭だったと言う、今では珍しい木造の三階建てです。現在の耐震基準を満たしていないという事で、玄関で承諾書に記名する必要があります。

kawamoto00

玄関では、御殿飾り※の豪華なお雛様とつるし飾りがお出迎え、ここから順路に従って一階、二階を巡ります。

※もともと江戸(関東)で「段飾り」のお雛様が主流であったのに対して、上方(関西)では、「御殿飾り」の方が人気が高かったようです。昭和30年代ごろから大量販売される関東式の段飾りが関西でも増えてきて、御殿飾りは古いお雛様でしか見ることができなくなってきました。

kawamoto01

奈良県各地の旧家から集められた古いお雛様が各部屋に展示されています。
つるし飾りのお雛様も素敵ですね。^^/

kawamoto02

珍しい建物の内部を見られるのも嬉しいところです。二階には、金魚のつるし飾り、プロジェクターを使った動くお雛様などモダンな飾り付けがあります。

kawamoto03

圧巻は、三階へと続く大階段に飾り付けられたお雛様です。
もちろん1セットではなく、複数のお雛様を組み合わせてありますが、普通の民家では並べることができない数なので口では言い表せない迫力です。

kawamoto04

このほかにも二階の部屋ごとに様々な飾り付けが施されていて、反対側の階段から一階に下りるとそこには、流しびながありました。実際に水に流しているわけでは無く、イカダに載せたお雛様を川に流しているイメージのディズプレイです。

→ 大和な雛まつり(その2)に続く

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△