12月2日の雲海(その1)

2015年12月03日

朝は、氷点下になる日も出てきました。
そろそろ雲海のピークシーズンは終了ですが、12月2日の朝は晴れの予報で前日の昼間との気温差も10度以上はありそうです。しばらく雨が降っていなかったのが気になりますが、湿気は無くとも室生ダム湖を中心に霧が出ることを期待して鳥見山に出発!

resize1208

狙い通りに室生ダム湖に大量の霧が発生して、あふれ出た分が街の方に移流しています。
ただ、先週の冬型が緩んだ後で東風が吹いているので溢れた霧が溜まらずに東の方へ流れてしまっています。
なお今週は、天頂近くに月が出ているので、空が明るすぎて、街灯りに霧が照らされる感じの写真はうまく撮れません。

resize1209

東の空に「かぎろひ」(陽光)が見える時間ですが、まだ東風が吹いていて、一向に霧が溜まってくれません。

resize1211

日の出が近づいてようやく風が止み、霧が溜まり始めました。太陽が出ると霧は拡散するのでギリギリのタイミングです。

resize1212

アンテナの鉄塔が雲海から頭を出しています。

12月2日の雲海(その2)に続く

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(195)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△