葛城一言主神社の乳銀杏

2015年11月12日

一言主神社の乳イチョウの様子を見てきました。
一言主神社は、葛城山の東南麓、大阪府に抜ける水越峠(トンネル)の近くにある神社で、願い事を一言のみ叶えてくれるとの言い伝えから、「いちごんさん」とも呼ばれています。

resize1185

黄葉は、例年11月末頃ということもあり、現在はまだ黄緑色です。

resize1183

かつては、奈良の北部からも見えたと言い伝えられる樹高約25mの巨木でしたが、三年前に倒木の危険を回避するため主幹や枝を切除して治療中です。

resize1184

それでも乳イチョウの名前の由来となった気根の突起は健在でした。

blog information 奈良の特産品ネットショップ
都祁・針の見どころ・観光スポット(193)
おすすめイベント情報

針テラス情報館 facebookページ

ならまち情報サイト
△このページの先頭に戻る△